投稿

聖書とハチミツ3--乳と蜜の流れる地

イメージ
乳と蜜の流れる地


神ヤハウェ/エホバがアブラハムに対し、その子孫に与えると約束した「約束の地」は「乳と蜜の流れる地」(出エジプト3:8)でした。この程度のことは、イスラム教やユダヤ教、キリスト教の信者でなくても教養のある人なら誰もが知っていることでしょう。
今回考えるのはこの「蜜」についてです。養蜂家ならこの「蜜」のことを「蜂蜜」と思ってしまうことでしょう。英語訳の聖書を見ると約束の地が”a land flowing with milk and honey”なので、ますますその確信を強めてしまうことでしょう。
דבש
しかし、ヘブライ語で書かれた聖書中の語義を英語で考えるのはナンセンスです。かといって、ヘブライ語で考えればより良く分かるというものでもありません。
「乳と蜜の流れる地」の「蜜」のヘブライ語は、「דבש」です。「דבש」ではなんのこっちゃ分かりませんので、音訳すると「ドゥバシュ」になります。音訳しても解釈にはまったく役に立ちませんが。
ヤハウェが約束した「דבש(蜜)」が一体何なのかは、当のユダヤ人たちも一義的には分からなかったので、その解釈は注釈書に当たるタルムードを参照していました。タルムードのケトゥボート(Ketubot)の111bによれば、「דבש(蜜)」は、イチジクの甘味のことのようです。なお、「乳」の方はヤギの乳です。 ラミ・バル・エヘズケルRami bar Yeḥezkelは、ベネイ・ベラクBenei Berakに偶然出会った。彼はイチジクの木の下で草を食べているそれらのヤギを見た。そこには、イチジクからにじみ出る蜜(דבש)とヤギから滴る乳があり、ふたつの液体は共に混ざっていた。彼は言った。これは「乳と蜜の流れる地」という節の意味である。(Ketubot 111b) https://www.sefaria.org/Ketubot.111b.22?lang=bi&with=all&lang2=en
しかし、これもラビたちの解釈なので、イチジクで間違いないとまでは言い切れません。これをナツメヤシだと考える人もいます。イスラエルには昔からナツメヤシが生えていて、その実を乾燥させたものはデーツと呼ばれています。デーツは非常に甘いドライフルーツです。
要するに今も昔も、ヤハウェが言った「דבש」が何なのか誰も分かっていないのです。
なぜ蜂蜜ではないのか

沈黙の秋

イメージ
今年もセイタカアワダチソウは9月中に咲いてくれました。これでミツバチも越冬の食料を蓄えることができるはずです。 しかし、今年のミツバチの成績は芳しくありません。7月はずっと雨、8月は高温と日照りだったため、2か月あまり蜂たちは仕事になりませんでした。その間、花も少なかったのでしょう。どの群れも疲弊しています。
苦境に立たされているのはミツバチだけではありません。今の時期はオオスズメバチやキイロスズメバチ、コガタスズメバチの来襲で大忙しのはずなのですが、これが驚くほどやって来ません。あまりにやって来ないので滅んだのではないかと心配してしまうくらいです。
スズメバチは、この2か月の肝心な時期にコロニーを拡大させることができなかったと思われます。つまり毛虫や芋虫がほとんどいなかったのでしょう。害虫がいないことは一見良いことですが、同時に薄ら寒いことでもあります。それだけ地域環境が貧しかったことを意味するからです。
実際、今年の上荘の夏は貧しかったものと思われます。木の実も熟す前に落ちているものが多くありました。花蜜がないだけでなく実もないならば、イノシシやアライグマその他タヌキやキツネはどうやって生きていけばよいのでしょうか。
次の冬はラニーニャのせいで冷え込む予想です。秋が長引けば、蜂は立ち直るでしょうし、動物たちも冬越しの準備ができるはずです。あと2か月、できれば3か月今の気候がもってくれることを願うばかりです。

聖書とハチミツ2--古代イスラエルにおける養蜂

イメージ
人類は有史以前から蜂蜜を採取してきました。古代エジプトの壁画からも養蜂が行われていたことが分かっています。

古代イスラエルの様子を垣間見させてくれる聖書の中には蜂蜜の記述はありますが、養蜂についての記述はありません。しかし、イスラエルでは少なくとも紀元前1000年頃、すなわちソロモン王朝の頃には既に養蜂が行われていたようです。

テル・レホブの遺跡

テル・レホブというヨルダン川西側には遺跡があり、そこから養蜂箱が発掘されています。養蜂箱といっても、現代使われている四角い木箱ではなく、藁を混ぜて補強した泥を日に干して固めた円筒形のものです。直径40cm、長さ80cm、厚さ4cmですが、容量は約56リットルと現代の養蜂箱と同じ程度です。

この円筒形の養蜂箱はエジプトやメソポタミア周辺でよく使われていたタイプのもので、イスラエル独自のものではありません。イスラエルの養蜂は近隣国から伝えられたのでしょう。

種蜂の輸入

発掘された円筒形の養蜂箱には蜜蝋が残っており、その中に閉じ込められ保存されていたDNAを分析したところ、飼っていたミツバチは地元の攻撃的なミツバチ(シリアミツバチ;Apis mellifera syriaca)ではなく、アナトリア半島(現在のトルコ)の生産的なミツバチ(アナトリアミツバチ;Apis mellifera anatoliaca)だったことが明らかになりました。今から3000年前のイスラエル人は周辺国と交易があり、養蜂に適したミツバチをわざわざ輸入していたことが分かります。

現代でこそ育種のために他のミツバチを輸入することは行われていますが、それが飛行機もない3000年前に行われていたのは驚きです。また、ユダヤ教は異邦人に対して排他的なように思われがちですが、そのような態度は司祭階級や熱心な信者の間に限られ、末端においては必ずしもそうでなく、交易を通して異国の技術や産業を採り入れていたことが伺えます。

養蜂を行っていたユダヤ教エッセネ派

このテル・レホブの養蜂場は、災害か戦乱かは不明ですが、火災により放棄されたようです。それでもイスラエルで養蜂が途絶えた訳ではありません。

フィロンの『ヒュポテティカ』(十一Ⅰ-18-8)には、エッセネ派と呼ばれた紀元前後1世紀頃の敬虔主義者らが、人里離れたところで集団で生活し養蜂も行っていたことが、次のように記録されていま…

養蜂場ができてから--タバコの吸い殻の不法投棄

イメージ
上荘ではイノシシが辺りを荒らし回っており、地元の農家は頭を悩ませています。

養蜂場はまだイノシシの直接的な被害を受けていませんが、近くでイノシシの罠が仕掛けられたのと丁度同じ8月末頃に、タバコの吸い殻を残されるという重大な被害に遭いました。
一体誰がこんな重大な犯罪をしでかしたのでしょうか。今どき道端でさえタバコの吸い殻を見つけるのは難しいというのに、謎は深まるばかりです。

タバコを捨てられた方は、今後こうしたことは行わないようにお願いいたします。
犯行現場はここです。右に見えるブロックに腰掛けてタバコを吸ったのでしょう。
ブロックは蹴り落とされていました。
タバコを吸う人のマナーの悪さには辟易します。火事の原因にもなるので決してタバコは捨てないでください(タバコに限りませんが)。

さて、こちらは近くに設置されたイノシシの罠です。このような地域貢献が行う立派な人がいる一方で、地域にゴミを残して平気な人がいるというのは残念なことです。

聖書とハチミツ1--復活後のイエスはハチミツを食べたのか?

イメージ
渡辺孝著『ハチミツの百科』(真珠書院、1969年)という養蜂家なら一度は読んだことがあると思われる本の5ページには、「キリストが十字架上でよみがえったとき、最初に食べたものは実は『焼き魚とハチミツ』だった」と書かれています。色々とツッコミどころの多い誤った記述ですが、果たして「復活後のイエスはガリラヤ湖畔で弟子らと『焼き魚とハチミツ』を食べた」のでしょうか。

この復活後のイエスが弟子らと食事をした記述は、ルカ24章41節から43節に書かれています。
彼らは喜びのあまり、まだ信じられないで不思議に思っていると、イエスが「ここに何か食物があるか」と言われた。彼らが焼いた魚の一きれをさしあげると、イエスはそれを取って、みんなの前で食べられた。(口語訳) ハチミツは出てきません。食べたのは焼いた魚だけのようです。これは口語訳の聖書だけでなく、他の訳の聖書においても同じですし、他の言語の聖書においても変わりはありません。それにもかかわらず著者の渡辺氏は増訂序文の中で、自分の英語の聖書には書かれているし、ギリシア語の「原典」にも書かれているから、自分の持論は間違っていないと主張しています。

さらに渡辺氏は「実はキリスト教は門外漢の私にはもう手に負えません」と、専門知識がないことを認めながらも、「改訳の際には、ぜひ原典どおりハチミツという訳語を入れていただきたい」とまで書いています。

なぜこのような悲劇が起こってしまったのかと言うと、渡辺氏が使っていた聖書は、後世の写字生が加筆した写本を底本とした聖書(おそらくは、ラテン語ウルガタ訳か、シリア語クレトニア写本(5世紀)を底本とした英訳聖書)だったからです。

現代の聖書翻訳で底本として採用されているのは、主にバチカン写本(4世紀)やシナイ写本(4世紀)で、このように古い聖書写本のルカ24章にはどこにも「ハチミツ」の記述はありません。つまり、「ハチミツ」は何らかの理由で後代に書き加えられた「原典」には存在しない記述なのです。そのようなわけで、現代用いられている聖書で、復活後のイエスが弟子と共にした食事でハチミツが出てくるものは、ありません。

もし渡辺氏がこのような写本(決して「原典」ではない)についての「専門」知識があれば、「改訳の際には、ぜひ原典どおりハチミツという訳語を入れていただきたい」という頓珍漢なことを書くことはなかった…

夏の花粉源植物ヒマワリ

イメージ
夏は草木が青々と茂っていますが、花は少なくミツバチにとって受難の季節です。

この時期は花蜜だけでなく花粉も不足気味になります。無論そうしたことはミツバチにとって都合が悪いことなので、わたしは夏に咲く花を植えています。

昨年は蕎麦にチャレンジしましたが、今年はヒマワリです。

ヒマワリはありふれた鑑賞用植物ですが、産業的には重要で、油を取るために大量栽培されています。油以外にも鳥や小動物の餌としても用いられています。

一般的にヒマワリは、播種は春頃に行い、数日で発芽し2か月ほどで開花します。この地域では概ね6月末から7月始めから9月頃まで咲きます。この時期はちょうど蜜枯れと重なります。

これはファイヤーバードという園芸種です。高さ5,60cm程度の草丈で赤色の花弁が特徴です。
3月18日に種を植え込み、4月7日に発芽を確認しました。
通常は数日で発芽するので、気温が足りていなかったのでしょう。

5月半ばの様子です。しっかりしてきました。
6月の頭の様子です。
そして6月の半ばに蕾が付きました。
この2週間後に上の写真のとおり、立派な花が咲きました。

ヒマワリでも種として購入すると高価なものです。しかし、安価にヒマワリの種を購入する方法があります。
ハムスターの餌を直播きしました。本来は埋め込んだ方が良いのですが、数が多いので地面に落としただけです。
それでもわずか数日で発芽しました。開花には2か月を要します。
夏の間には咲く予定です。

生はちみつの発酵について

ハチミツの保存性にまつわる俗信

蜂蜜は永遠に保存できると信じている人は珍しくありません。確かに、糖度が非常に高いことからかなり長期にわたり保存は可能ですし、また「エジプトのピラミッドで発見された蜂蜜が云々かんぬん」とまことしやかに語られていることからも、そのように信じてしまっても無理はありません。

それでも、エジプトのピラミッド云々の話は事実が歪められており間違っていますし、蜂蜜も長期においていれば、いずれ食するのに適さなくなります。

https://phobc.blogspot.com/2012/08/blog-post_25.html

なぜなら、蜂蜜も発酵するからです。別の言い方をすると腐るからです。もっとも、「腐る」といっても「アルコール発酵」するという意味ですが。

蜂蜜に含まれる糖類以外のもの

蜂蜜の成分は、8割が果糖やブドウ糖などの糖で、2割が水です。しかしそれだけではありません。それ以外に様々なものが含まれています。その様々なものの中には野外に存在する雑菌や酵母等があります。

考えても見てください。ミツバチは野を駆け巡って花の蜜を集め巣に持ち帰り濃縮作業に携わっていますが、そうするにあたり下足を脱ぐわけでもなくシャワーを浴びるわけでもありません。ミツバチは、ブラッシングをするとはいえ、「ホコリまみれ」のまま蜂蜜作りをしているのです。

そのため、蜂蜜には甘味以外の様々なものが混入しているのです。

蜂蜜が発酵しにくい理由

蜂蜜に空気中に存在する雑菌が含まれているとしても、蜂蜜は簡単には腐りません。糖度が高いからです。80%前後の高い糖度の蜂蜜は塩辛と同じで、腐敗発酵させる雑菌を殺したり活動を止めたりしています。

そのため蜂蜜は、糖度が高い状態が維持されるなら腐敗や発酵が進むことはなく、かなり長期にわたって保存することができます。

蜂蜜がアルコール発酵する原因

それでも実際に何年も保存することは難しく、生の蜂蜜なら一年も保たなくても不思議ではありません。蜂蜜が空気中の水分を吸ってしまうからです。瓶の蓋を開けるたびに蜂蜜は湿気て行き、蜂蜜内で眠っていた雑菌や酵母が活動を再開します。糖度が下がれば下がるほどよく活動するようになります。もし水を加えたりするなら、早速腐敗し始めることでしょう。

では、蓋を開けなければ良いのでしょうか?完全に密閉されることはないので蓋を開けな…

上荘養蜂場の蜂蜜

イメージ
ミツバチを飼っているなら誰もが採蜜をするものです。わたしも例外ではなく、この季節になると蜜を絞ります。

もっとも、わたしは蜂蜜を採って売るためにミツバチを飼育しているわけではありません。わたしが目指しているのは、強いミツバチの保護とその増殖です。
現代のミツバチは、蜂蜜ではなく砂糖水を飲まされ、花粉ではなくビール酵母を食べさせられて育っています。ミツバチは毎日懸命に働いて花蜜と花粉を稼いで来ているというのに、それらは取り上げられ代わりに粗末な食事を与えられているのです。

ミツバチは豚や牛や鶏や労働者と同じく、一円でも多く儲けようとする資本主義の犠牲になっているのです。このような搾取を行い続けて人類に明日はあるのでしょうか。
本来的に蜂蜜は蜂の餌であるべきです。

上荘養蜂場では、蜂が蜜を集めすぎて産卵圏を圧縮している場合に限って採蜜を行うようにしています。