投稿

見土呂の大西甚一平

イメージ
「 小野の長池と弥三郎池 」の続きです。 寄生地主としての大西甚一平 大西知雄 の子孫に、明治維新後に加古川財界で頭角を表した人物がいます。大西甚一平です。 松方デフレや貿易のために農産物の価格が下がり、地租改正で手に入れた土地を手放す農家が出てきました。それを買い集めて大地主になった者のことを歴史的に「寄生地主」と呼びますが、大西甚一平もそれに該たります。 大西甚一平は、1831年(天保2年)に生まれ、25歳で家督を継ぎました(1855年(安政2年))。 1885年つまり55歳の頃には、「大西家は明治18年に134町の土地を有し、当時の算定地価は8万125円余り、地租を2,003円納入する県内第4位の地主」になっていました。 (出典:角川日本地名大辞典(28)兵庫県(角川書店、1988年)) 明治25年(1892年、62歳)には、播磨7郡に202町の田畑を、宅地は4町、山林は50町所有するまでになっていたとのことです(「町」の面積は、ほぼ1ha)。 俗に「他人の土地を踏まずに○○まで行くことができた」と言い伝えられています。こんな大金持ちが100年前に上荘にいたとは驚きです。 事業家としての大西甚一平 大地主と言えども、農業だけでは先行きは怪しいですから、その財力を背景に当時流行っていた「銀行」という新産業にも乗り出しました。当時は銀行や鉄道、ガス・電力などの「新しい」産業が流行っていたのです。今日のIT産業のようなものです。 甚一平が興した主な事業に、三十八銀行、加古川銀行、神栄会社、熟皮会社、大西銀行、国包銀行等があります。播磨経済の振興に一役買っていました。 この大地主・大西甚一平は、1907年(明治40年)8月5日に数え年77才で亡くなりました。 二代目大西甚一平 さて、大西甚一平は上の人物だけでなく、もうひとりいます。大西甚一平を襲名した次男の勘治も「大西甚一平」です。みとろ苑を築造したり、加古川ゴルフ倶楽部に土地を提供した大西甚一平は、この二代目の方の大西甚一平です。 「二代目」の大西甚一平(勘治)は1872年(明治3年)生まれました。 http://jahis.law.nagoya-u.ac.jp/who/docs/who4-2892 1901年(明治34年)に家督を相続し、土地だけなく銀行等会社も引き継ぎましたが、初代のような財界人と言うよりは、地

冬の蜜源植物 ローズマリー

イメージ
「 非常に早い梅の開花 」の続きです。 昨年の冬はまれに見る暖冬で、皇帝ダリアもエンジェルトランペットも年明け後かなり長く咲き続けました。しかし今年はあっという間に枯れてしまいました。ラニーニャ現象による寒さのためです。 こんな寒い日でも晴れの日には蜂は偵察や採餌に出かけます。あたりを見回しても枯れ草ばかりの中どこへいっているのか不思議ですが、ローズマリーに行っているのは確かです。 ローズマリーはシソ科の常緑低木樹です。秋から春にかけて、特に冬の間に小さな花を咲かせて蜜を提供してくれる珍しい植物です。 ローズマリーは、生け垣などに用いられることが多く、上荘に限らずどこでもよく見かけます。 一昨年末、自宅のローズマリーから穂を取り、挿し木を作りました。 3か月後にはポットの底まで根が伸びていましたので定植することにしました。 定植直後の様子です。 10か月後の今では高さ30cmほどに成長しています。 今年はまだどれも花はつけていませんが、来年には咲いてくれるでしょう。 ローズマリーの定植は冬の蜜源になることを目的にしていますが、夏には穂を入れてダニ駆除効果があるのかどうかも試してみるつもりです。

聖書とハチミツ6--バプテスト・ヨハネの野蜜

イメージ
「 聖書とハチミツ5--穢れたミツバチの蜂蜜を食する 」の続きです。 共観福音書の記述 福音書は、バプテスト・ヨハネからイスカリオテのユダに終わると言っても過言ではありません。どちらもキャラが立っています。特にイスカリオテのユダは終盤に突如目立ち始め美味しいところをかっさらっていきます。あくまで主人公はイエスですが、キャラの立った登場人物が多いのも福音書の魅力でもあります。 ここで検討するのはバプテスト・ヨハネについてです。ヨハネは格好からして普通ではありませんでした。 このヨハネは、らくだの毛ごろもを着物にし、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜とを食物としていた。マタイ3:4 このヨハネは、らくだの毛ごろもを身にまとい、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜とを食物としていた。マルコ1:6 このらくだの毛衣と皮の帯は、当時人気の高かった昔の預言者エリヤのコスプレです。ヨハネは、アハブやバアル崇拝者のイゼベルを糾弾したエリヤになりきってユダヤ人に悔い改めを迫ったというわけです。 しかし、ここで検討するのは、ヨハネの主義主張ではなく、その食物です。 野蜜 「野蜜」とは一体何なのでしょうか。日本語に「野いちご」という語ならありますが「野蜜」という語はありません。 「野蜜」は英語ではwild honeyです。しかし何度も言っていますが、ギリシャ語で書かれていたものを訳語から考えても意味はありません。ギリシャ語では、μέλι ἄγριονです。μέλιがメリッサの「メリ」で、ἄγριονがアグリオンです。それぞれ「蜜」と「野生」という意味です。 「乳と蜜の流れる地」の「蜜」は蜂蜜ではなくイチジクかナツメヤシの甘味だと以前に述べましたが、この「野蜜」は蜂蜜で間違いないでしょう。なぜなら、イチジク/ナツメヤシを食べていたら「いなごとイチジク/ナツメヤシを食物としていた」と書かれていたはずだからです。 それでも疑問が完全に脱ぐえるわけではありません。なぜ、「野」蜜なのかの謎は残ります。 飼育しているミツバチの蜜を「蜂蜜」と呼び、野生のミツバチの蜂蜜を特に「野蜜」と読んだのだと言えれば簡単ですが、語義のみでそこまで言ってしまうのは憚れます。しかし憚れはしますが、きっとそういうことなのだろうと思います。それ以外に「蜜」にわざわざ「野」という修飾語をつける理由が思い当たらないからです。 蜂蜜ハンタ

非常に早い梅の開花

イメージ
「 かんばしいビワの樹 」の続きです。 今年は例年になく寒いのに、梅の開花は早かったようです。 例年、ロウバイが真っ先に咲きます。香りは強いのですが、なぜか蜂は行きません。蜜源にはなっていないようです。 わたしは、これらの白いウメと赤いウメの開花を蜂の新年の基準にしています。 調べに行った時には既に開花していました。 これはマヌカハニーで有名なギョリュウバイです。「バイ」と付きますがウメの仲間ではありません。 また、環境が違うため、マヌカハニーは採れません。 まだ寒さは続きますが、春は着々と近づいています。 「 冬の蜜源植物 ローズマリー 」に続きます。

聖書とハチミツ5--穢れたミツバチの蜂蜜を食する

イメージ
コシェル 「 聖書とハチミツ4--士師/裁き司 」の続きです。 ユダヤ教には一定の食餌制限があり、宗教的に穢れた動物を食べることはできません。 たとえば、ブタやラクダを食べることはできません。ラクダは反芻しますがひずめが分かれていないからです。一方ブタはひずめは分かれていますが反芻しないからです。 このような現代の日本文化に生きる人々には奇妙に思えるルールは、レビ記の11章に書かれており、「コシェル/カシュルート」と呼ばれています。 昆虫食 このコシェル(食べてもよいもの)と呼ばれる食餌規定の中には、昆虫についても定められています。次のとおりです。 すなわち、そのうち次のものは食べることができる。移住いなごの類、遍歴いなごの類、大いなごの類、小いなごの類である。 しかし、羽があって四つの足で歩く、そのほかのすべての這うものは、あなたがたに忌むべきものである。 レビ記11:22,23(口語訳) いなごは食べて良いようです。バプテスト・ヨハネもいなごを食べていました。しかしそれ以外の昆虫は食べてはならないようです。「羽があって四つの足で歩く、そのほかのすべての這うもの」だからです。 昆虫を「四つの足」とするのはやや気になりますが、細かいことは気にせずに話を進めると、ミツバチは食べてはいけない動物ということになります。 ラビたちの解釈 ハチノコは別として成虫のミツバチを食べることはないので、それほど困ることはないように思われますが、ユダヤ教のラビたちには考えるべきところがあったようです。 次のとおりです。 バーライターbaraita(訳注:ミシュナに収録されなかったラビの言説)からのゲマラGemaraの反論。どのような理由から賢人たちは、ミツバチの蜜は許されていると言っているのか?それは、ミツバチは花の蜜を体に入れて運んでいるが、体のエキスとして蜂蜜を抽出しているわけではないという理由からである。ロバの尿はその体そのものから作られたエキスではないのと同じである。むしろそれは、体に入ったのと同じ形で排出されたに過ぎない。ではなぜそれは禁じられるべきだというのか?[禁じられるべきではない]  ゲマラGemaraの答え。ラブ・シシェトRav Sheshetは、非コシェルの動物から出る物質は非コシェルだという原則の例外として慈悲深いお方は蜂蜜を許しておられる、と蜂蜜に関して述べて

ビニール袋は保温に役立つか

イメージ
「収納用の大きな、かつ厚くて破れにくい透明なビニール袋で養蜂箱を包むなら、ビニールハウスのように暖かくなり楽々越冬できるのではないか」という誰もが思いつきそうな、しかし誰もやらない、それにはきっとやらない理由があると思われる「迷案」を試してみました。 ビニール袋は意外と大きく、養蜂箱(7枚)が都合よく収まりました。 デジタル温湿度計は巣枠の上に置きました。 Switchbotと言う商品 で、Bluetooth通信でスマホからログを取り出すことができます。温度を知るためにわざわざ蓋を開ける必要はありません。 その結果がこれです。 前面以外は底面も含めてビニール袋で覆ったというのに、「夜から早朝、そして日があたるまでの間は、巣箱内温度の方が外気温よりも低い」という驚愕の結果が出ました。ビニール袋は越冬目的の保温には逆効果ということです。 もっともこの結果は、実験を始める前から予想されていました。 どのような物体も常に熱を放射し、温度は下がっています。これを放射冷却といいます。熱という電磁波は宇宙の果てまで飛んでいっているのです。夏であろうと冬であろうと、昼であっても熱を放射し続けています。 物体に熱を与えるものに、太陽光や地熱、媒体としての空気があります。特に養蜂箱の場合はミツバチ自体も発熱し熱源のひとつになっています。 夜は太陽からの熱が得られないので熱は放射していくばかりです。結局どのような物体の温度も、地熱で加温される場合を除いて外気温と同じになります。 しかし、ビニール袋をかぶせると空気の層ができてしまい、そこで良くも悪くも外の空気から遮断され、しかし同時に熱の放射は続くため、ビニール袋の中の物体の温度は外気温よりも下がることになります。もしビニール袋をかぶせていなければ外の空気と直に触れ同じ温度になっていたのですが、余計なことをしたせいで巣箱の温度は下がるという期待とは逆の結果になってしまいました。 こうした現象は養蜂箱に限らず全宇宙のビニールハウスにおいても同じことが起きています。また、ビニール袋を使わなくても、養蜂箱を厳重に密閉し空気の循環を妨げるなら、(蜂の発熱を度外視しますが)巣箱の温度は外気温よりも下がることになります。 もちろん一般的には蜂が発熱するため、養蜂箱の温度が外気温よりも下がることはないでしょうが、弱群ならそうしたことは十分起こりえます。

かんばしいビワの樹

イメージ
「 沈黙の秋 」の続きです。 冬の蜜源植物にビワがあります。 ビワは冬に花を咲かせる数少ない貴重な樹木のひとつです。しかし上荘町にビワは、わたしが把握してる限り、5か所にしか生えていません。意外と少ないものです。 もちろん、わたしが知らないどこかに生えている可能性はあります。人様の庭をジロジロ見るわけには行きませんからもっとあるかも知れませんが、それでも5か所と言い切ってしまうのは、ビワの花の香りが非常に強いからです。 実際のところ、100m以上離れているところでもビワの花の香りに気がつくものです。ビワの香りがしなければビワはないと言ってしまっても良いくらいなのです。 わたしがビワの香りに気がつくくらいなので、当然ミツバチが見逃すはずがありません。晴れた冬の日にビワの花にミツバチがいないことはありません。 冬に頼りになるビワの木がもっと生えていてくれれば良いのですが、自然にはなかなか増えないようです。 「 非常に早い梅の開花 」に続きます。

聖書とハチミツ4--士師/裁き司

イメージ
士師 「 聖書とハチミツ3--乳と蜜の流れる地 」の続きです。 タナハ、あるいはヘブライ語聖書(立場によっては「旧約聖書」)で戸惑う用語のひとつに「士師」があります。「士師」はめったに使われることのない日本語なので、意味が分かる人はほとんどいません。「士」と「師」なので、「侍」と「先生」かしらと考えてしまいがちですが、そう考えても正しい意味は分かりません。 「士師」を英語に戻すと”Judges”になります。”Judge”は「裁判官」です。しかしそう訳すとますます間違いにはまり込みます。聖書における「士師」は裁く者でしたが「裁判官」ではありません。「士師」は特殊な聖書用語なので、語義から考えても意味はありません。 「士師」とは、カナンの地に入植後、イスラエルに統一され王朝が成立するまでの間の、各部族の指導的立場や目立った立場にいた人物のことです。「士師」は語義が実態から乖離しているので、特殊な聖書用語であることと、原義を重視して、訳語は「裁き司」くらいが落としどころのように思います。 なお、”Judges”に「士師」という訳語が与えられたのは、古代中国で刑罰の任に当たった役人のことを「士師」と呼んでいたからです。聖書における”Judges”の苦肉の訳だったと思われます。 デボラ 前置きが長かったですが、イスラエルにおける蜂蜜についてです。「女預言者」にデボラという人物が出てきます。デボラが何をしたかについては省略しますが、その名前「דְּבוֹרָה‎, 」は、「ミツバチ」または「ハナバチ」という意味です。 デボラという名前が、生まれた時に名付けられたものではなく、後から業績に基づいて与えられた贈り名(諡号)だとしても、彼女が蜂蜜好きだったとか、ミツバチを飼っていたとか、そういうことは分かりません。そういうことは聖書のテーマには重要ではないのです。 このブログで注目するのは、当時のイスラエルに「ミツバチ」という語が存在し、それが人の名に用いられたことです。イスラエルにもミツバチがいて、それが認識されていたということです。ミツバチが認識されていたということは、その生産物であるハチミツも認識されていたはずです。つまり、甘い食品としてハチミツは当時の人々に認識されていたということです。 この「デボラ」という、エピソードとは無関係な名前が保存されたおかげで、士師編纂時(バビ