投稿

長慶寺山古墳群

イメージ
下池から流れる小川が西に流れを変えたところに、標高45mの「長慶寺山」があります。「長慶寺古墳群」はその丘のような山の上にあります。

長慶寺ができるよりも遙か昔、4世紀中頃にその頂上に前方後円墳(1号墳)が造られました。その後その前方後円墳を中心に、その他円墳や方墳が6基造られました。

大陸とのつながりの可能性

それから1000数百年経った 1955年(昭和30年)、両荘中学校の地理部によって発掘が行われました。その発掘は、「長慶寺古墳を発掘して」と題する簡単な報告にまとめられましたが、専門指導者を欠いた発掘であったため、「内容は理解に苦しむところが多い」とのことです (加古川市史第四巻347-354)。

それでも、さまざまな副葬品が発掘されており、その中には「内行花文鏡(ないこうかもんきょう)」が含まれていました。
http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/152/bunkazainews38.pdf


わたしはこの分野について専門知識も経験もないので、これについて特に述べることはしませんが、国産のものならヤマト政権とのつながりが想像されます。中国との直接の関係はなかなか想像できるものではありませんが、平荘湖に沈んだ「カンス塚古墳」から朝鮮由来の耳飾りが見つかったことを考えるなら、大陸とのつながりの可能性もゼロではないでしょう。たとえば、白沢は、朝鮮半島の新羅からやって来た渡来人が窯焼きをしていました。この内行花文鏡から、古代における国際村上荘が想像されます。

ところで、「加古川市長慶寺古墳群測量調査報告 」(武庫川女子大学紀要. (18))には、この内行花文鏡の拓本が掲載されていますが、ただそれだけの内容で、この鏡が中国(後漢)由来のものか、国産(仿製)のものかについては何ら明らかにされていません。

この武庫川女子大学の紀要は、安田博幸を始めとする大勢の人がやって来たものの、まともな測量さえ行えなかったというお粗末なもので、ほとんど内容がありません。

現況

さて、件の古墳にたどり着くのには少し苦労します。入り口がはっきりしないからです。
ここら辺から古墳にたどり着くことができます。
木をかき分けて入ると、鬱蒼とした雑木林が待っています。
長慶寺山はオオスズメバチの巣窟ですので…

養蜂場ができるまで--残置物

イメージ
養蜂場ができるまで--開墾」の続きです。

一通り草刈りは終わりましたが、それで終わりというわけではありません。課題を解決すると次なる課題が見えてきます。

草刈りの次に待ち受けていたのはゴミ問題でした。わたしが借りるよりも何年も前に借りていた人が大量のゴミを残していたのです。それらのゴミは、草が生い茂っていたときには分かりませんでした。

「何かを借りたらなら、借りた時よりも綺麗にして返す」のが常識だと思うのですが、そうでない人もいます。ゴミを捨てて平気な人もいます。
あろうことか、ブルーシートがでてきました。それも1枚や2枚ではありません。一面覆っていたようです。雑草対策として敷いていたように思われます。
ブルーシートの上には落ち葉や土が積み重なっており、引っ張り上げることはできませんでした。少しの土でも全面に被さっていれば持ち上げらないほど重くなります。
引きずり出すこともできませんでした。笹が下から突き破って生えていたのです。
ブルーシートは上に引っ張り上げることも横に引きずり出すこともできませんから、端を探し出して、少し剥がし、スコップで笹の根を切り、少しずつ地面から引き剥がしていきました。
ブルーシートは一見丈夫なように思えますが、紫外線にも弱く、耐候性はそれほどではありません。長期間野ざらしになっていたためボロボロになっているところもあり、作業の負荷を高めていました。
ブルーシートの原料はポリエチレンを主とする合成樹脂です。 要するにプラスチックの一種です。
自然環境においていても腐って分解することはなく、このとおりずっと残り続けます。しかもまずいことに、バラバラにはなるのでますます自然環境に残ってしまう性質があります。
ブルーシートを残して去っていた人には大いに反省していただきたいものです。
残されていたのはブルーシートだけではありません。トタンやその他の金属類です。これらは主に鉄なので腐食するとボロボロになっていつかは自然に戻ります。何百年か後のことですが。
わずか10数年程度では錆びて汚らしくなるだけです。こうした金属類の残置物は1トン程度ありました。都台の坂を下りたところにある永和商事さんに引き取っていただき、大変助かりました。

ブルーシートや金属類のゴミがあれば、空き缶もあります。大きなゴミを残していくような人です。アルコール飲料の入った…

上荘養蜂場のショッピングサイト

イメージ
7月1日から、ミツバチの販売を開始しました。
上荘養蜂場ショッピングサイト

このブログからサイトへ移動するには、上のリンクをクリックするか、トップページ左上にあるバーガーアイコン(≡)をクリックし、表示されたリンクから移動してください。

現在販売しているのは、花粉交配用の蜂群と女王蜂のみです。

蜂の量


1枚のカウントは、巣枠の全面(表裏両面)に蜂がビッシリ付いている状態で1枚とカウントしています。もちろんピッタリ片面に1000匹(両面に2000匹)いるわけではありませんが、数えるとだいたいそれくらいいます。

2枚群なら上の巣枠を2枚、3枚群なら上の巣枠を3枚、と言いたところですが、「女王蜂がいる巣枠がたまたま蜂の数が少ない巣枠だった」という場合には、もう1枚足すようにしています。

輸送用巣箱

ミツバチの輸送には、プラスチック製の巣箱を使っています。プラスチック製ですので、水に濡れても平気です。水やりの時に濡らしてしまっても、変形したり潰れたりする心配はありません。輸送においても壊れることは(めったに)ないでしょう。
黄色の円盤は、出入り口の蓋です。
今回は2枚群の注文でしたので、蜂量調整のため、巣枠を3枚入れています。
蓋を閉め、テープを何重にも巻いて蜂が逃げないようにしました。
さらに、(あってはなりませんが)万一蜂漏れがあった場合のときのために、網袋の中に入れました。これで万全です。
また、「蜜蜂在中」と書いたラミネートを上面に貼り付け、運送者にミツバチが入っていることが分かるようにしています。

伝票ラベルや天地無用のシールは、このラミネートの上に貼られています。網の上に貼ることはできないですからね。

このラミネートには、簡単な「使用手順」も記しています。シールやラベルを剥がしてご覧ください。

初夏の蜜源植物“ネズミモチ”

イメージ
栗の花は、15日の嵐であらかた散ってしまいました。老け込んだ栗の穂が道路に落ちているのを目にされた方もおられるかも知れません。

栗が散った今、ミツバチはどこへ行っているのでしょうか。そのひとつにネズミモチ/トウネズミモチがあります。

「ネズミモチ」と聞いてもピンと来ないかも知れませんが、きっと見たことがあるはずです。

これがネズミモチです。



ネズミモチは生け垣に使われていることが多いですが、上荘では生け垣よりも、雑木林に生えている「名前不詳の常緑樹」でしかないかもしれません。

ネズミモチは、今の時期に花を咲かせます。どのような花かと言うと、人間の観点からは花らしくない花です。
しかし、ミツバチを始めとする訪花昆虫にとっては素晴らしい花のようで、ネズミモチに近づくと羽音がよく聞こえてきます。

名の由来

なぜ「ネズミモチ」というのかというと、葉がモチノキに似ていて、実(み)が「ネズミの糞」に似ているからです。なかなか酷い由来です。

実がなるのは晩秋ないし冬にかけてです。本当に「ネズミの糞」に似ているかどうかについてはその時にご確認ください。

地域の自然環境を豊かにするネズミモチ

ネズミの糞かどうかはともかく、この実は鳥に人気があります。冬には鳥がしばしば実をついばみにやって来ます。

ネズミモチは、初夏にはミツバチを始めとする昆虫に蜜を提供し、冬には鳥に実を提供し、地域の生き物を養っています。そのお返しに昆虫は受粉し実を稔らせ、鳥はあちこちに(糞とともに落して)植樹して回っています。ネズミモチは生態系の縁の下の力持ちですね。

ネズミモチとトウネズミモチ

ネズミモチには、トウネズミモチという種類もあります。「トウ」とは「唐」のことで、中国由来のネズモチということです。

葉の裏面に葉脈が透けて見えるかどうかで区別します。葉脈が見えるのがトウネズミモチです。上荘のネズミモチは、トウネズミモチが多いようです。

ネズミモチについては以上です。本を調べても、名前の由来と見分け方で終わってしまいます。花は観賞用ではありませんし、実も食用ではないのでそれほど深く研究されていないのかもしれません。それでも養蜂家にとってはありがたい植物です。

ハチはなぜ大量死したのか--女王蜂の誤帰巣

イメージ
養蜂家にとってショックなのは、巣箱の前に死骸が大量に転がっていることです。
真っ先に疑われるのが農薬ですが、他の群れではそのようなことは起きていないようなので、農薬ではないのかもしれません。
巣箱を開けると床一面に死骸が転がっていました。
よく観察すると、死骸の中で団子になっている蜂の塊がありました。喧嘩があったようです。

喧嘩というのは他の群れの蜂が間違って別の巣に入った時に起きますが、それほど大規模にはなりません。蜜を集めに行った働き蜂が巣を間違えてしまうことは、巣箱を入れ替えたりしない限り、なかなか起こらないことだからです。

上のように大乱闘とでもいうべき喧嘩は、他の群れの女王蜂が別の巣箱に入った時によく起きます。そのような事故は、内検の最中に女王蜂が逃げ出してしまい、他の群れに迷い込んだ時に起きることがあります。今回の大量死も、女王蜂が原因でした。
 これが女王蜂です。働き蜂と比べると違いは一目瞭然です。
今回の大量死の原因となった女王蜂は、交尾飛行から戻る時に巣を間違えてしまったようです。その証拠に、ある巣では、交尾飛行に出る頃の女王蜂がいなくなっていました。

巣箱は互いに十分離れており、また地形も特徴的なため、誤帰巣は想定していませんでした。このような事故は今後も防ぎようがありませんが、低い帰巣能力をもった遺伝子を増やすわけにもいかないので、これはこれで良しとしなければなりません。

養蜂場ができるまで--開墾

イメージ
上荘養蜂場は、上荘のある方の農地をお借りし運営しています。

蜂はめったに人を刺すものではありませんが、人に恐怖心を抱かせてしまう問題があります。近くに/家の中に飛んできただけで大騒ぎになるのは珍しいことではありません。そもそも絶対に刺さないわけでもありません。不用意に近づくなら蜂刺事故も起こりえます。

そのような問題があるため、人が寄り付かないところを探していました。幸い理想とするところに農地があり、そこを貸していただくことができました。しかし、その農地は長年使われていなかったため、草木が生え放題になっていたのです。

養蜂も農業の一種ですが、田畑で植物を育てるわけではありません。極端なことを言えば、蜂が住む巣箱を置くことさえできればそれで十分です。しかし、だからといって藪のままで良いわけではありません。

草が生えたままではマムシが出やすいですし、マダニに取り付かれる恐れもあります。イバラのトゲに引っかかれば服が傷んだり破れたりしてしまいますし、ツタに足を引っ掛けて転倒する危険もあります。なによりも、荒れた農地を見ていると心が荒みます。

そこで、徹底して開墾することにしました。
これが、作業を開始する前の様子です。
なんと形容すべきでしょうか。立派な耕作放棄地? 
原野化しています。
笹、イバラ、セイタカアワダチソウ、クズ、カラスウリ、その他さまざまな草木に覆われています。
農地は一度雑草に覆われてしまうと、耕作には不適になります。
作物を育てようとしても、数年間は雑草と格闘することになってしまいます。
そのようなわけで、耕作をやめて数年経った農地は、借り主に敬遠されるようになり、ますます荒れてしまう悪循環に陥ります。
幸い養蜂は、雑草が多少生えたとしても直ちに困ることはありません。
草刈りは容易ではありませんでした。草木は縦にも横にも互いに絡み合っており、根本を刈るだけでは倒れてくれません。根本を切っても上で繋がっていてぶら下がったままです。そのため、草刈り機は横だけでなく縦にも動かさなけれなりませんでした。
無我夢中になって草刈り機を振り回しました。一体いつになったら終わるのでしょうか。
結局草刈りは、あらかた刈るのに3日、細かいところを含めれば1週間を要しました。

大分すっきりしましたね。
見晴らしが良くなりました。
日が当たって枯れればさらに…