投稿

セイタカアワダチソウは生態系を害するか?

イメージ
セイタカアワダチソウは上荘では毎年9月末に咲き始めます。耕作放棄地が増えていますから、10月はどこを見渡しても視界に入ってきます。

このセイタカアワダチソウから噴き出す蜜は、秋期の蜂群の拡大に寄与するだけでなく越冬時の餌にもなります。セイタカアワダチソウはミツバチの生存と発展、帰趨を左右する重要な植物と言えます。

生態系被害防止外来種(要注意外来生物)

このミツバチにとって不可欠な天与の植物は、環境省によって「生態系被害防止外来種(要注意外来生物)」に指定されています。ブラックバスやアライグマ、アレチウリのような「『特定』外来生物」ではないので、セイタカアワダチソウに関わったからといって罰せられることはありませんが、そのような指定を行うことで、国はセイタカアワダチソウのことを快く考えていないことを表しています。

国は、帰化していたとしても「外来」の生物が在来の生物を圧迫する可能性があるために、未然に排除したいのでしょう。しかしこのような政策は欺瞞に満ちています。

まず、セイタカアワダチソウは国内の動植物の生態系に被害を与えるどころか、その生存に大いに貢献しています。その恩恵に与っているのは在来の野生のニホンミツバチだけではありません。スズメバチを含む多くのカリバチ、蝶や蛾、甲虫と数えきれない種類と数の昆虫がその恩恵に与っています。それらの虫たちは同時にそれらを餌にする鳥やその他の動物の越冬準備にも寄与しています。セイタカアワダチソウが栄えれば栄えるほど、地域の在来の生物もますます栄えることになるのです。

次にセイタカアワダチソウを日本に導入広めたのは他でもない明治時代の日本人でした。燭台のように鮮やかな黄色の花を咲かせるセイタカアワダチソウは、明治の人々を驚かせ喜ばせたことでしょう。しかしそれを現代の役人らは、奇異に見えるのか、気に入らない植物として「要注意」としています。傲慢という他ありません。

このような勝手な都合に翻弄されているものに、ヌートリアやアメリカザリガニ等があります。政策決定者らは勝手なものです。

目立つ者の宿命

上のとおり、セイタカアワダチソウは環境に貢献しているのにもかかわらず、環境省に「生態系被害/要注意」というレッテルを貼り付けられてしまっています。それだけでなく、人々から、喘息等花粉アレルギーの原因と濡れ衣を着せられることもあります。また、…

都台古墳

イメージ
東急加古川ニュータウン

現代の都台、といっても出来てから50年ほど経ちますが、都台は、かつて都染村の入会山でした。その山は「桃山」という名前で呼ばれていましたが、造成工事前まではもっぱらブドウが植えられていました。

この入会山に目をつけたのが、東京近郊の鉄道会社の「東京急行電鉄」のグループ企業です。こちらの方にとって「東急」は馴染みが薄い会社かも知れませんが、「東急ハンズ」なら聞いたことがあるでしょう。その東急です。

これは、1972年(昭和47年)7月18日に神戸新聞朝刊に掲載された広告です。都台はしばしば「東急ニュータウン」と呼ばれることがありますが、東急としては「東急加古川ニュータウン」と呼ばせたかったようです。東急は他のニュータウンと区別するために「加古川」を入れる必要を感じたのでしょうが、加古川の住民の側からは、当然に「加古川」であることから、「加古川ニュータウン」と呼ぶ人はいません。
広告にもあるとおり、分譲は1丁目から始まりました。600戸ほどの宅地を用意していたようですが、分譲開始から47年経った今でもなお一部空き地が残っています。

桃山のツインピークス

都台の標高は、「水タンク」と呼ばれている給水塔のある東公園付近が最も高く、63.4mとなっています。しかし、これは造成の結果によるもので、元々は70数mの高さがありました。
この地図は都台の開発が行われる前のものです。都台には2つのピークがあったことが分かります。東側のピークは東公園付近です。その西側、中央のピークは、2丁目3号地と3丁目3号地付近です。その辺りが、周辺よりも若干高いのは、かつてピークがあった名残です。

東急は開発にあたり、都台の最も高いところを10mほど削ってなだらかにし、宅地となる敷地を増やしたということです。

※地図北東の池は、現在は「塔の池」と呼ばれていますが、1958年頃までは「上池」と呼ばれていたようです。

都台古墳

上荘には主だった古墳群が3つあります。天坊山古墳、長慶寺古墳群、八ツ塚古墳群(みとろフルーツパーク)。どれも上荘にある目立った「高い山」に造られています。それにもかかわらず、不自然なことに都台には古墳がありません。これは一体どういうことなのでしょうか。

常識的に考えて、都台、すなわちかつての桃山には古墳があったと考えるのが自然です。それが現在存在していないと…

総合的なヘギイタダニ対策の必要性について

イメージ
アピスタンと感染状況

8月のお盆の頃、羽の縮れた蜂が見つかったので「アピスタン」というダニ駆除剤を全群に投入しました。これは非常に高価な薬で、マニュアルに従うなら1群あたり700円ほどかかります。「1群あたり700円」と言っても、保有群数分必要ですので、100群の場合は7万円にもなります。目が飛び出そうです。

このダニ駆除剤は最大6週間まで使うことができますが、それほど長期間使わなければならない訳ではありません。アピスタンは投入直後からすぐに効果が現れるからです。もし群れがヘギイタダニに寄生されているなら、底に赤く小さな破片のようなものが落下しているのに気づくはずです。
(仰向けになっているヘギイタダニ。細かい足が見えます。)
アピスタンを入れてみましたが、ほとんどダニは落ちておらず、全体の1割程度の群れでダニの寄生を確認できた程度です。厳密なことを言えば、すべての群れにダニはいるのでしょうが、大半の群れは直ちに対処しなければならないほど深刻だったわけではありません。

多くが深刻でないとしても、一部が全体にダニを拡散させる原因となりえ、また、どの群れがどの程度感染しているのかも分からないことから、ダニ駆除は養蜂場全体で一斉に実施しなければなりません。

これは、ダニ駆除の必要がない/必要性の乏しい群れにもダニ駆除剤を入れることになります。そうすることは、ほとんどのダニ駆除剤を無駄にしてしまうだけでなく、ダニの薬剤抵抗性を高めることにもなります。また、ダニ駆除剤の投薬は、ガンの化学療法と同じで、体が小さく弱いダニを殺しますが、同時に蜂をも殺すことになってしまいます。

オス蜂巣房除去

現在日本の養蜂において、化学薬品を使ったダニ駆除は限界に達しています。ダニが薬剤抵抗性を獲得してしまっており効果は弱くなっており、またそのために、安易な養蜂家が濫用しているために、ますます効き目が薄くなっています。

ダニ対策は、究極的には、ダニ耐性の低い蜂群を滅ぶに任せ、生き残った耐性群からやり直すべきなのですが、そのような勇気のある養蜂家はいません。そこで、別の方法が模索されます。

ヘギイタダニは蛹になる直前の雄蜂巣房に入ることが多いので、その性質を逆手に取り、内検時に雄蜂の蛹を潰すようにしています。手作業で行う「雄蜂トラップ」のようなものです。

巣房が潰されると成長途中の雄蜂の蛹は、働き…

オオスズメバチ対策

イメージ
上荘は自然に恵まれたところですが、それは同時に天敵も豊富にいるということでもあります。

ミツバチにとっての天敵は、人間、シオヤアブ、トンボ、コガタスズメバチ、キイロスズメバチ、ヒメスズメバチ、カマキリ、ツバメ等さまざまいますが、中でもオオスズメバチは、ものの1、2時間で群れを壊滅させることができる最大の天敵のひとつです。ニホンミツバチもセイヨウミツバチもオオスズメバチに襲われるとほぼ確実に滅ぼされます。ニホンミツバチは蜂球で対抗すると言われていますが、それでいつでも撃退できるわけではありません。むしろそれは運が良い方で、普通は狙われたら最後です。殊にセイヨウミツバチは、養蜂家の加護がなければ冬が来るまでにほぼ確実に全滅させられます。

そのようなわけで日本の養蜂家は、オオスズメバチの魔の手からセイヨウミツバチを護り切らなければならないわけですが、だからといってオオスズメバチを殺すというのは憚れます。「正当防衛」と言っても無闇に殺生すべきではありませんし、そもそもオオスズメバチは虫を捕ってくれることから、農家にとっては益虫です。そこで、そのような益虫であるオオスズメバチをなるべく殺さずに、かつミツバチも保護できるような方法を模索しなければなりません。

間違った方法

大手養蜂業者が販売している「ススメバチ捕殺器」を用いるのはNGです。何らススメバチ対策にはなりません。「ススメバチ捕殺器」は、業者を儲けさせるものの、まったくスズメバチ対策にはならない最悪のツールです。

「ペットボトルトラップ」はどうでしょうか。ペットボトルトラップとは、砂糖水を入れたペットボトルの上部にオオスズメバチが入ることができるくらいの穴を開けておくというものです。砂糖水は数日で腐りますが、その発酵臭にオオスズメバチがつられ、ペットボトルの中に入ってきます。しかしその後出ることはできないため、ペットボトルの中で死ぬことになります。

この方法は、多くのスズメバチを殺すことができるので一見意味があるように思えますが、実際は無意味な対策です。というのも、ペットボトルで殺すことができるオオスズメバチは全体の極一部でしかないからです。また、砂糖水の発酵臭は、養蜂場にオオスズメバチをおびき寄せることにもなります。この方法が、賢明な対策と言えないのは明らかです。

正しい方法

オオスズメバチ被害を抑えるのに必要なことは…

養蜂場ができてから--訪問者

イメージ
養蜂場は、人がめったに寄り付かない上荘の片隅にあります。ほとんど誰もやって来ませんが、稀に散歩や見回り、探検、間違い等で訪れる方もいらっしゃいます。

夜な夜なやって来る訪問者もいます。動物たちです。

最もよく来るのがアライグマです。餌を探しに来ているようです。
昨年は一匹で来ていたのですが、今年からは数が増えました。
アライグマがやって来る時は物音がするので直ぐに分かります。まるで人が近づいてくるような音を立ててやって来ます。
ウサギもやってきます。養蜂場の雑草を食べてくれたら助かるのですが、雑草は伸びる一方です。
これはアナグマです。タヌキかと思いましたが、アナグマです。なお、上荘にはタヌキもアナグマも生息しています。
キジです。春はずっとけたたましい声を上げていました。近くに巣を造っていたのだと思います。
これはメジロでしょうか。スズメ科の鳥だと思われます。
典型的なキジバトです。蕎麦の種をついばみに来たのかもしれません。
猫です。どなたかにかわれているのでしょう。写真が全般的に荒いのは、遠くから写しているからです。近づいて撮ろうとすると逃げられてしまいますから。

この他にイノシシもやって来ます。見境なく掘り返すので通路には穴ができでこぼこになっています。

上荘には野生の動物がたくさんいますが、そのことが直ちに自然の豊かさを示すわけではありません。イノシシの荒ぶり方を見ると、食料は不十分で住みにくいところなのかもしれません。

ミツバチはどこから蜜を集めてきているのか

イメージ
上荘養蜂場のミツバチはどこから蜜を集めてきているのでしょうか。一般的にセイヨウミツバチの行動半径は2、3kmと言われています(下の写真はみとろフルーツパークを中心に円を描いています。写真はGoogle earthのものを利用しています)。

この見解に従えば、上荘養蜂場のミツバチは上荘町を全体をカバーしています。名実ともに上荘養蜂場ということになります。
(みとろフルーツパークから半径2kmの図)
しかし、上の「行動半径は2、3km」というのは俗説で、研究によればセイヨウミツバチは蜜を集める場合、一般的には半径5、6kmまで飛び、最大で12km先まで飛ぶこともあるとのことです。

半径5、6kmまで飛ぶのなら、平荘も八幡も神野も氷丘も行動範囲内ということになります。12kmまで飛ぶのなら、加古川全体だけでなく、高砂、稲美、播磨、小野もカバーすることになります。あの小さな体で加古川一帯や周辺を飛び回っていると考えると胸が熱くなります。
(みとろフルーツパークから半径6kmの図) (みとろフルーツパークから半径12kmの図)
実際のところ、ミツバチは合理的な生き物なので、巣に近いところから蜜を集めます。上荘は花が豊富なので、12kmや5、6kmも飛ぶことなく、おそらくは半径1km以内の花から蜜を集めているものと思われます。

ミツバチは時速60kmで飛ぶ

ミツバチは時速60kmで飛ぶことができると言われています。「時速60kmで飛ぶ」ということは、1km先の花まで1分で飛んでいくということです。極端な言い方をすると、1分で1km先の花へ飛んで行き、蜜を集めたら1分で巣に戻るというわけです。

ここで考えたいのは、ミツバチの働き蜂の全長が約13mmだということです。9才の人の平均身長は130cm超です(健康局「平成25年、26年国民健康・栄養調査報告」)。ミツバチの働き蜂は9才の人の100分の1の大きさです。

さきほど「ミツバチは時速60kmで飛ぶ」と書きましたが、これを人間でたとえるなら、時速6000kmすなわち音速の5倍(マッハ5)で飛んでいるようなものです。

人間では考えられないほどの身体能力ですね。

天坊山古墳

イメージ
上荘町で最も高い山はどれでしょうか。小野にある天坊山でしょうか、白沢にある総山(そうやま)でしょうか。

答えは、総山となるでしょう。総山の標高は168mですが、天坊山は163mだからです。

もっとも、総山は小野市と加古川市の境界にあり、また小野アルプスの一角を占めるため「小野市の山」という感じがします。所在地も「兵庫県小野市下来住町西霞惣山1861番5」と振られており、加古川市上荘町白沢の山というよりは小野市の山ととらえるべきではないかと思います。

一方で、天坊山は加古川市の山で、所在地も上荘町小野ということになっています。しかし、平荘町上原の境界にありますし、住民との距離や位置の関係から言えば、平荘町上原の山という感じがします。
と、不毛な議論を展開しましたが、総山と天坊山の最大の違いは、古墳の有無です。古墳があるのは天坊山です。総山に古墳はないと断言はできませんが、今のところは見つかっていません。天坊山よりも少し高い総山にはなく、天坊山の頂上付近に古墳が造られたのは、住んでいるところ/支配していたところを見下ろすのに適していたためだと想像されます。もちろん当時の人がどのような意図でそうしたのかは分かりませんが。
天坊山の頂上には円墳があるようです。しかし一見良く分からず、教育委員会が立てた看板でその存在が分かる程度です。

この古墳は、1968年(昭和43年)に関西電力が電波の反射塔の設置工事を行っている最中に発見されました。そのため、天坊山の反射板は頂上ではなく、南側の少し下がったところに設置されています。

副葬品等は市の文化財に指定され、総合文化センターで展示されています。
天坊山古墳出土品一括/市指定文化財

山に登っても古墳のことがよく分かるようになるわけではありませんが、4世紀の人がどのような気持ちで古墳を造ろうとしたのかは分かるかも知れません。
天坊山の登り口は、小野の長池の北側の道沿いにあります。
この道標の左に、見逃しやすい登山口があります。
それでも、金網の前に棒が立てかけられているので登山口だということが分かるでしょう。
写真の棒は、おそらくは登山者が杖として使ったものと思われます。
登山口に入ると、道のような道でないような、それでもやはり道と思われる道が通っています。
たかだか163mの山ですが、登山口から頂上まで片道20分もかかりました。

防除困難植物ヤブガラシとアレチウリの存在意義

イメージ
花が乏しい夏に貴重な蜜を提供してくれる植物に「ヤブガラシ」と「アレチウリ」があります。 どちらも繁殖力が旺盛で、夏枯れ時に多くの蜜をもたらします。

ヤブガラシ


ヤブガラシはブドウ科の植物で、真夏の盛りによく蜜を出してくれます。花は上の写真のとおり非常に小さく3mm程度しかありません。見覚えのない人もいるかもしれません。

この昆虫にとって砂漠のオアシスのようなヤブガラシも、人間にとっては忌むべきものです。いくら刈っても根絶やしにすることができないからです。 ヤブガラシは、種で繁殖しますが、栄養繁殖によっても増えていきます。たとえば、刈ったツルをそのままにしていると、そこから根を伸ばして根付いてしまいます。刈れば刈るほど繁殖に貢献してしまうというわけです。

そのようなわけで、刈った草は放置してはならず回収し、別途処分しなければなりませんが、それでも根絶は困難です。というのも、地下1m深くまで伸びている根は残り、何度でも生えてくるからです。土を掘り返せば文字通り根絶やしにすることはできますが、そこまでする人もいません。結果的に、ヤブガラシは一度根付いてしまえば、その後ずっと生え続けることになります。

アレチウリ


アレチウリは、ヤブガラシの開花よりも少し後の8月の終わりから秋にかけて花を咲かせます。ウリ科の植物なのでこれもまたよく蜜を出します。加古川では、加古川河川敷に広く繁茂しているのを見ることができます。同時に多くの昆虫が蜜を吸いに来ているのも見ることができます。

さて、この「アレチウリ」ですが、特定外来生物に指定されており、栽培はもちろん、保管も移動も禁じられています。実際のところアレチウリは食用に適さず、その棘は凶悪で、衣服を突き通し、刺さった棘も抜くのが難しく、耕作地で繁殖すれば農業の妨げとなります。

防除の方法としては実がなる前に刈り取ることが勧められていますが、種は数年間保つので、一度生えると何年も完璧な駆除を続けなければなりません。なお、加古川河川敷に限って言えば、上流から種が流れてくるため駆除は事実上不可能です。

価値ある防除困難植物

アレチウリもヤブガラシも、農業の妨げとなることから、人間の近視眼的な観点からは望ましくない植物とされています。しかし、よく考えると(よく考えなくても)、アレチウリもヤブガラシも、夏の厳しい季節に多くの昆虫を養っていることが分か…