投稿

温湿度計による巣箱内温度のモニタリング

イメージ
今年も高温が続き秋らしくない秋でしたが、12月を前にして突然寒波が訪れました。皇帝ダリアもエンジェル・トランペットも萎れてしまいました。今では毎日霜が降っています。

このような中、蜂たちは厚さ1.5cmほどの板でできた養蜂箱の中にこもっています。それにしても蜂たちは、寒さのために凍えてしまったりはしないのでしょうか。

そこで、巣箱内部の温度がどうなっているのか、デジタル温湿度計を使って計ってみることにしました。

下の写真のデジタル温湿度計はSwitchbotと言う商品で、Bluetooth通信でログを取り出すことができます。わざわざ蓋を開けなくても、近くでスマホを操作することで巣内の今と過去の温度(と湿度)を知ることができます。
温湿度計は巣枠の上に置きました。蜂球の温度までは分かりませんが、上に逃げた空気の温度は分かります。

巣箱内の温度の記録を取ったのは、11月末の寒波がやってきた3日間(11/27 14:00 -- 11/30 13:00)です。そのデータをグラフにしたのがこれです。
28日から29日にかけては養蜂場を(というか日本列島を)寒気が襲い、明け方には1、2℃程度まで下がっています。それでも、巣箱の室温は10℃程度まで維持されています。これは巣箱の上の方の温度なので、蜂球部分はもっと暖かったはずです。

また、29日の昼の外気温は12.5℃と低めでしたが、日が照ったおかげで巣箱内部の温度は26.3℃まで上昇しています。巣箱の中は十分に暖かったことが分かります。

以上から、巣箱内の温度は外気の影響を受けるものの、外気よりも概ね10℃ほど高いことがわかります。人間の家よりも暖かいですね。「寒さのために蜂たちが凍えている」のではないかというのは心配のし過ぎだったようです。

巣内の熱の源は蜂蜜です。蜂たちにとって蜂蜜はウォッカのようなものなのでしょう。蜂蜜がある限り、氷点下でも蜂たちはなんとか凌ぐはずです。蜂蜜が尽きないことを祈るばかりです。

蜂の一刺し

イメージ
養蜂を行っていると度々蜂に襲われます。もちろん、毎日刺されていては堪りませんから(と言っても毎日のように刺されていますが)、ネットのついた面布を被り、また耐刺突ゴム手袋を着けて作業を行っています。

今回は下ろし立ての手袋で柔らかかったためか、2度も刺されてしまいました。

刺しても死なないことの方が多い

写真は、針と、第7腹節の背板と腹板です。毒嚢はついていないことがわかります。針と共に外骨格が外れただけで、内臓や腹部が千切れたというわけではありません。お尻(といっても、厳密には腹部ですが)の先端のカバーが外れたといった具合です。
この写真のミツバチはお尻の先端部分の針がありません。何か(おそらくは、わたし)を刺して針を失ったのです。

「蜂は一度刺すと死ぬ」と言いますが、それは一般的にミツバチに当てはまります。針に返しがついていて、刺すと抜けなくなるからです。それでも、上の写真のとおり、浅く刺した程度では、針が外れるだけで死ぬことはありません。

刺されるとどうなるのか

蜂に刺されるとどうなるかというと、棘が刺さった時のような痛みが走ります。しかし、痛いのはその刺された瞬間だけです。その後は刺されたところが柔らかければ腫れが広がり、太った人のようになります。その浮腫のようなところは痒くなり、痒みは 2、3日の間続きます。

養蜂家はどれだけ蜂に刺されれているのかと言うと、人によってさまざまですが、わたしは数日に1度くらいのペースで刺されています。

いつも面布を被り、また耐刺突ゴム手袋を着けていますし、長袖長ズボンで作業していますが、手袋を脱いだすきに刺されたり、手袋と袖の間や、靴とズボンの間に見える靴下の上から刺されることがあります。また、ゴム手袋のゴムが剥がれた布の上から刺されこともあります。どうやら蜂は刺しやすいところを瞬間的に見分けることができるようです。

肌の上から直接刺されると大量に毒が入り腫れますが、服の上から刺された場合は毒の量も少なく、腫れの程度は大したことはありません。

また、蜂毒の反応はアレルギー反応ですが、頻繁に刺されると大して腫れなくなります。体が毒に慣れるのでしょう。アレルギー反応についてのわたしの理解とは矛盾しますが、事実なので仕方ありません。

なお、蜂に刺されて健康になるということはありません。

越冬にどれだけの量の蜂蜜を必要とするのか

イメージ
冬は、ビワやローズマリー等一部の植物を除いてほとんど咲きません。花のない時期、蜂たちはそれまでに蓄えていた蜂蜜でやり過ごしています。冬期のミツバチのやることといえば、巣の中で蜂蜜を食べながらおしくらまんじゅうをすることくらいです。

しかし、この蜂蜜が尽きてしまうと巣内の温度を保てずに凍死してしまいます。そのため、養蜂家は越冬用の餌まで採ってしまわないように気をつけています。

それにしても、一体どれだけの蜂蜜があれば蜂は無事に春を迎えることができるのでしょうか。養蜂書を紐解くと、越冬に関し様々な見解が述べられていますが、現代では「10枚箱1段の場合、蜂量は5、6枚以上(1万匹超)、蜜は蓋がけ蜜枠2、3枚以上とし、暖かいところに置く」とするのが一般的のようです。しかし、これはあまり意味のない指針です。

まず、地域差や年度差があります。温暖な地域や暖冬の場合は、越冬の確率は高くなりますが、年によって寒さの厳しさは変わります。これを秋の段階で正確に予想することはできません。また、早春の「寒の戻り」は凍死リスクを特に高めるもので、地域差や年度差の問題を無意味なものにしてしまいます。その他、ダニや疫病、女王蜂の健康や蜂群の勢い等、さまざまな因子も影響し合います。これらをすべて計算に入れて正確な答えを出すことはできません。

それでも貯蜜が多ければ多いほど、越冬確率が上がるのは確かです。

仮定

ここで、仮定として、まず、12月から2月までの3か月間、蜂蜜が必要だと考えましょう。3か月は約90日ですが、便宜上100日とします。

次に、蜂蜜1kgのカロリーは3000kcalとし、巣枠1つには蜂蜜が2kg蓄えられているとします。

また、蜂1匹の重さは0.1gとし、巣箱の中には1万匹の蜂がいるとします。

1万匹のミツバチが1日に必要とする蜂蜜は10g?

1匹0.1gの蜂が1万匹いるとする(5枚群相当)と、その蜂群の重さは全体で1kgとなります。この1kgの蜂が1日にどれだけの量の蜂蜜を食べるのかと言うと、おそらく10gの蜂蜜を食べているものと推定されます。

どういう計算なのかと言うと次のとおりです。すなわち、活動強度の低い体重60kgの人は1日に1800kcal消費します。体重1kgの人はいませんが、もし1kgならば1日の消費カロリーは1800kcalの60分の1、つまり30kcalですむ…

越冬準備

イメージ
ミツバチは冬眠することなく冬を越す

秋が深まり皇帝ダリアが霜で枯れる頃、いよいよミツバチは巣の中で引きこもるようになります。

冬の間引きこもっているミツバチも、風のない晴れた日には、ビワや茶、ローズマリーの花に飛ぶことがあります。それらの蜜や花粉は少しは足しにはなりますが、群れを養えるほどのものではありません。冬のミツバチは、秋までに貯めた蜂蜜に頼り、イソップの『アリとキリギリス』のアリのようにして暮らしています。

巣箱内部の保温

ミツバチは巣の中では一箇所に集まって球状になっています。幼虫や蛹がいる中心部は34、35℃、それ以外の周辺部においても15℃程度の温度が保たれています。エアコンやストーブはありませんから、巣内の熱源はミツバチの筋肉です。ミツバチは蜂蜜を燃料にして筋肉を動かし発熱し、巣内の温度を維持しています。

もし蜂の量と比べて巣箱が大きすぎるなら、いくら発熱しても巣内の温度を保つことはできません。また、保温のために多くの蜂蜜が消費されてしまうことになります。そのようなわけで、巣箱の空間の広さに対し一定量以上の蜂がいなければならず、できれば巣箱一杯に蜂がいるのが望ましいということになります。さらに、それらの蜂を養うことができるほど多くの蜂蜜が必要ということにもなります。

養蜂書やネットの投稿を読むとしばしば上のような説明を見かけますが、実際はそうではありません。広い空間の中で小ぢんまりとして越冬する群れもいます。蜂は蜂なりに工夫しており、空間をすべて温めるといった無謀なことはせずに、球状になりながら生存に必要な温度を保っています。

別の生き物を例にして考えてみましょう。コウモリは洞窟の天井の片隅で塊になっています。人間で言えば、体育館でおしくらまんじゅうをしているようなものです。広い空間全体を温められなくても自分たちが生きられるほどに温まることは可能なのです。

そもそも養蜂箱は造りが雑で隙間だらけです。「ミツバチはプロポリスと呼ばれる樹液や蜜蝋で隙間を詰めて巣箱をリフォームし気密性を高めているのだ」と説明されることがありますが、巣門にドアはなく、開けっ放しの状態です。どうしたところで巣箱が温室になるということはありません。

少しでも保温効率を上げるために

それでも、なるべく暖かい空気を逃さないようにするなら蜂たちの負担を下げることができます。

そこで、…

ハチはなぜ大量死したのか--オオスズメバチ被害

イメージ
10月29日に雨が降り気温ぐっとが下がりましたが、その日を境にオオスズメバチはほとんど来なくなりました。

雨で気温が下がったその日は一匹も来ず、その翌日からは一、二匹程度になり、その傾向は続いています。このように襲撃行動に変化があったのはオオスズメバチだけではありません。キイロスズメバチやコガタスズメバチもほとんど来なくなりました。

スズメバチがミツバチの巣を襲うのは、幼虫の餌を効率良く集めるためです。今の時期のコガタスズメバチやキイロスズメバチは、新女王蜂の育成を終えており、群れは解散状態になっているため、特にミツバチを積極的に襲う必要がありません。今来ている一部のキイロスズメバチは惰性で来ているように思われます。

オオスズメバチはまだ群れを解散させてはいないはずですが、幼虫や蛹の数は減っているものと思われます。また、先日の低温は産卵停止の切っ掛けになったのかもしれません。

幼虫の餌の必要が少なくなると、オオスズメバチはミツバチを無理に襲わなくなります。そのようなわけで、スズメバチガードを外したのですが、早速オオスズメバチの襲撃に遭ってしまいました。

全滅はしていませんが、戻ってきた外勤蜂が殺られてしまいました。結果論で言うと、外すのが少し早過ぎたということになります。12月になるまでつけているのが最も安全ですが、蜂の出入りを妨げる原因にもなっているので早く外したかったのです。
幸い、被害はそれほどではなく、群れは現状維持といったところでした。

襲撃現場に居合わせたわけではありませんが、ミツバチを襲ったのはオオスズメバチの新女王蜂だったのかもしれません。というのも、仲間を呼んだ形跡はなかったからです。働き蜂なら、巣を発見後仲間を連れて集団で襲っていたはずです。
これは昨日捕まえたオオスズメバチです。おそらく新女王蜂です。文庫本の長さは約15cmなので、このオオスズメバチは4cmほどありそうです。普段見かけるオオスズメバチよりも一回り大きく、あまりの大きさにギョッとします。

新女王は来年活躍します。今は冬眠の準備を行っており、その一環としてミツバチを襲ったのかもしれません。

井ノ口の清水

イメージ
現在、加古川市北部の加古川右岸周辺は「上荘」と呼ばれていますが、かつては「都染荘」と呼ばれていました。

しかし、上荘は初めから「都染荘」だったわけではありません。

都染の由来

『印南郡誌』によると、都染は元々「堤」という名前の集落でした。一般的に地名はその土地に関わる名前がつけられるものですから、加古川沿いの村を「堤」と呼ぶのは自然なことです。それがある時、「都染」に改名されました。元明天皇の頃です。

「元明天皇」と言ってもそれが一体誰なのかご存知の方はほとんどいないことでしょう。わたしも知りません。調べたところ、8世紀始め(707年から715年)の天皇のようです。

さて、加古川沿いのこの一集落が、「堤」というそのものズバリの地名から「都染」という雅な地名に変えられたのは、あるエピソードに由来しています。元明天皇の頃に「都の水では絹の衣を藍色にきれいに染めることができなかったため占いが行われ、その結果井ノ口の清水が藍色に染めるのに用いられるようになった」のです。

その出来事は、
あひにあふ 井の口の清水 なかりせば 都の衣 いかで染めなん と、歌われました。

井ノ口の清水

都の衣を染めたので「都染」とは、なかなか洒落ています。歌によれば「井の口の清水がなければ、都(で着る上質)の衣を染めることはできない」とのことですので、上荘には、染め物に適した水が湧いていたということなのでしょう。

この清水は、深さ約60cm、1ないし2m四方ほどの自然の水溜りで、「井ノ口村の西7、800mのところにある井坂池の下の蓮池のそばにあった」と伝承されています。しかし、現在それがどれなのか、そもそも存在しているのかどうかも分かりません。「井坂池」もその下の「蓮池」も、どの池のことなのか見当がつきませんから、清水がどこにあったのか分かりません。

この伝承も、後からそれらしい湧き水を見つけて適当に比定しただけなのかも知れません。 1300年も昔の話ですから、それが現代まで正確に伝えられていると期待すべきではありません。
この写真のどこかに井ノ口の清水があったのでしょうが、どこかをそれだと特定する必要は感じません。

考察−−上荘の地名(井ノ口、井坂、見土呂、都染)は井ノ口の清水に由来している

まずは、「元明天皇」から考えてみましょう。「元明天皇の頃の都」とは一体どこのことでしょうか。藤原京(橿原市…

百万匹のミツバチ

イメージ
上荘養蜂場の従業員数は100万です。ミツバチですけどね。
100万人もの従業員を抱える企業グループは、今のところ世界には存在していないようですが、100万匹を擁する養蜂場は珍しくありません。

100万人という数字はいまいちピンときません。神戸市の人口は150万人程度です。100万人と言うと仙台市や千葉市が近いようですが、あまり身近なところではないのでこれもまたピンときません。

ちなみに、加古川市の人口は27万人弱ですが、日本の市の人口順位では上から100番目のようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の市の人口順位

100万匹のミツバチは人間何人分?

話が逸れました。人とミツバチでは比べ物になりませんが、100万匹のミツバチとは一体どのくらいの規模なのでしょうか。実のところ、家が建つ程度の敷地で十分に収容可能な規模です。

別の観点から考えてみましょう。ミツバチ1匹の体重は約0.1gです。1円玉1枚の10分の1の軽さです。1万匹集まってようやく1kgです。ということで、100万匹のミツバチの総重量は100kgになります。ミツバチと人間とでは構造は異なりますが、筋肉と骨格でできていることを重視すると、100kgのミツバチは50kgの人間2人に相当すると言うことができます。

そのようなわけでわたしは、「100万匹のミツバチを飼うことは、2人の人間の従業員を雇うようなものだ」と考えています。

有能な従業員

「100万匹のミツバチを飼うことは、2人の人間の従業員を雇うようなものだ」と書きましたが、わたしはそれ以上だと考えています。

ミツバチは蜜集めのプロフェッショナルです。高さ十数メートルの高所にある蜜を採ることも、人には集められない小さな花の少量の蜜も集めることができます。

始業の合図をしなくても、日が昇り気温が上昇すれば自ら進んで仕事を始めますし、日が暮れてまで残業するということもありません。能率の上がらない雨や風の日には無駄な労働を避け、エネルギーを温存し、条件の良い時に集中的に働きます。

また、人間とは違ってミツバチは監視していなくてもサボったりはしません。 常に効率的にベストを尽くしてくれます。

何よりも素晴らしいことに、ミツバチには給料を払う必要も社会保険料を肩代わりする必要もありません。文句を言うこともなく完璧な仕事をし、その上給…

無巣礎養蜂の実践

イメージ
巣礎とは

現代の養蜂、すなわち19世紀以降の養蜂では、「巣礎(すそ)」が用いられています。巣礎とは、蜜蝋にパラフィンを混ぜた物質をシート状にし、それに蜂の巣房とほぼ同じ六角形の凸凹をプリントしたもののことです。
この巣礎を用いると、2つの点で養蜂は容易になります。一つは、巣脾(すひ)、すなわち蜜を溜めたり幼虫を育てたりするのに用いることができる完成された巣を早く作ることができるようになります。もう一つは、パラフィンのおかげで巣脾の強度が増すので、遠心分離機で蜜を搾りやすくなります。

そのため、この「巣礎」は、現在の養蜂では当然のように用いられています。
しかし、この巣礎は自然には存在しないものです。人間がその知恵(浅い知恵)を絞って作り出したものです。一見この巣礎によって養蜂の生産性は向上したように思えますが、それは間違いないことなのでしょうか。何か見落としているといったことはないのでしょうか。

その「何か」が何であるかを明確にすることはできないとしても、巣礎を「用いない」なら自然な状態の養蜂に一歩近づくことができるはずです。

そこでわたしは、巣礎を用いない「無巣礎養蜂」を実践しています。

無巣礎養蜂の方法

巣枠の上部、桟にあたるところ(上桟、英語ではtop bar)には細い溝が彫られています。そこは、巣礎を差し込むところなのですが、そこに蜜蝋を詰め込みます。なお、詰め込む蜜蝋には、無駄巣や、採蜜時に出る蜜蓋を利用しています。

このような具合に蜜蝋を溝に詰め込みました。
この巣枠を巣箱に放り込むだけです。

無巣礎養蜂の巣盛りの様子

その結果がこれです。
詰め込んだ蜜蝋を頼りに巣脾を伸ばしています。

これは別の巣枠ですが、同様に巣を造っています。

巣枠いっぱいに巣が造られました。巣礎を用いなくても巣を造ることはできるのです。
造巣の速度は、巣礎を用いたときと比べるなら、遅いと言わざるを得ません。この程度になるまでに1週間はかかったでしょうか。もし強群で群れに勢いがあるなら、もっと早くできるはずです。しかしこれで良いのです。増群ペースを無視して無理に巣造りをさせても、蜂が巣内で分散してしまうだけです。

どうであれ、この巣は蜂が必要に合わせて自ら造ったものです。巣房の大きさも、厚さも、増群ペースも、すべてが蜂にとって最も望ましいものであることは間違いありません。