投稿

10月, 2020の投稿を表示しています

聖書とハチミツ3--乳と蜜の流れる地

イメージ
乳と蜜の流れる地


神ヤハウェ/エホバがアブラハムに対し、その子孫に与えると約束した「約束の地」は「乳と蜜の流れる地」(出エジプト3:8)でした。この程度のことは、イスラム教やユダヤ教、キリスト教の信者でなくても教養のある人なら誰もが知っていることでしょう。
今回考えるのはこの「蜜」についてです。養蜂家ならこの「蜜」のことを「蜂蜜」と思ってしまうことでしょう。英語訳の聖書を見ると約束の地が”a land flowing with milk and honey”なので、ますますその確信を強めてしまうことでしょう。
דבש
しかし、ヘブライ語で書かれた聖書中の語義を英語で考えるのはナンセンスです。かといって、ヘブライ語で考えればより良く分かるというものでもありません。
「乳と蜜の流れる地」の「蜜」のヘブライ語は、「דבש」です。「דבש」ではなんのこっちゃ分かりませんので、音訳すると「ドゥバシュ」になります。音訳しても解釈にはまったく役に立ちませんが。
ヤハウェが約束した「דבש(蜜)」が一体何なのかは、当のユダヤ人たちも一義的には分からなかったので、その解釈は注釈書に当たるタルムードを参照していました。タルムードのケトゥボート(Ketubot)の111bによれば、「דבש(蜜)」は、イチジクの甘味のことのようです。なお、「乳」の方はヤギの乳です。 ラミ・バル・エヘズケルRami bar Yeḥezkelは、ベネイ・ベラクBenei Berakに偶然出会った。彼はイチジクの木の下で草を食べているそれらのヤギを見た。そこには、イチジクからにじみ出る蜜(דבש)とヤギから滴る乳があり、ふたつの液体は共に混ざっていた。彼は言った。これは「乳と蜜の流れる地」という節の意味である。(Ketubot 111b) https://www.sefaria.org/Ketubot.111b.22?lang=bi&with=all&lang2=en
しかし、これもラビたちの解釈なので、イチジクで間違いないとまでは言い切れません。これをナツメヤシだと考える人もいます。イスラエルには昔からナツメヤシが生えていて、その実を乾燥させたものはデーツと呼ばれています。デーツは非常に甘いドライフルーツです。
要するに今も昔も、ヤハウェが言った「דבש」が何なのか誰も分かっていないのです。
なぜ蜂蜜ではないのか

沈黙の秋

イメージ
今年もセイタカアワダチソウは9月中に咲いてくれました。これでミツバチも越冬の食料を蓄えることができるはずです。 しかし、今年のミツバチの成績は芳しくありません。7月はずっと雨、8月は高温と日照りだったため、2か月あまり蜂たちは仕事になりませんでした。その間、花も少なかったのでしょう。どの群れも疲弊しています。
苦境に立たされているのはミツバチだけではありません。今の時期はオオスズメバチやキイロスズメバチ、コガタスズメバチの来襲で大忙しのはずなのですが、これが驚くほどやって来ません。あまりにやって来ないので滅んだのではないかと心配してしまうくらいです。
スズメバチは、この2か月の肝心な時期にコロニーを拡大させることができなかったと思われます。つまり毛虫や芋虫がほとんどいなかったのでしょう。害虫がいないことは一見良いことですが、同時に薄ら寒いことでもあります。それだけ地域環境が貧しかったことを意味するからです。
実際、今年の上荘の夏は貧しかったものと思われます。木の実も熟す前に落ちているものが多くありました。花蜜がないだけでなく実もないならば、イノシシやアライグマその他タヌキやキツネはどうやって生きていけばよいのでしょうか。
次の冬はラニーニャのせいで冷え込む予想です。秋が長引けば、蜂は立ち直るでしょうし、動物たちも冬越しの準備ができるはずです。あと2か月、できれば3か月今の気候がもってくれることを願うばかりです。