投稿

11月, 2020の投稿を表示しています

かんばしいビワの樹

イメージ
冬の蜜源植物にビワがあります。 ビワは冬に花を咲かせる数少ない貴重な樹木のひとつです。しかし上荘町にビワは、わたしが把握してる限り、5か所にしか生えていません。意外と少ないものです。 もちろん、わたしが知らないどこかに生えている可能性はあります。人様の庭をジロジロ見るわけには行きませんからもっとあるかも知れませんが、それでも5か所と言い切ってしまうのは、ビワの花の香りが非常に強いからです。 実際のところ、100m以上離れているところでもビワの花の香りに気がつくものです。ビワの香りがしなければビワはないと言ってしまっても良いくらいなのです。 わたしがビワの香りに気がつくくらいなので、当然ミツバチが見逃すはずがありません。晴れた冬の日にビワの花にミツバチがいないことはありません。 冬に頼りになるビワの木がもっと生えていてくれれば良いのですが、自然にはなかなか増えないようです。

聖書とハチミツ4--士師/裁き司

イメージ
士師 タナハ、あるいはヘブライ語聖書(立場によっては「旧約聖書」)で戸惑う用語のひとつに「士師」があります。「士師」はめったに使われることのない日本語なので、意味が分かる人はほとんどいません。「士」と「師」なので、「侍」と「先生」かしらと考えてしまいがちですが、そう考えても正しい意味は分かりません。 「士師」を英語に戻すと”Judges”になります。”Judge”は「裁判官」です。しかしそう訳すとますます間違いにはまり込みます。聖書における「士師」は裁く者でしたが「裁判官」ではありません。「士師」は特殊な聖書用語なので、語義から考えても意味はありません。 「士師」とは、カナンの地に入植後、イスラエルに統一され王朝が成立するまでの間の、各部族の指導的立場や目立った立場にいた人物のことです。「士師」は語義が実態から乖離しているので、特殊な聖書用語であることと、原義を重視して、訳語は「裁き司」くらいが落としどころのように思います。 なお、”Judges”に「士師」という訳語が与えられたのは、古代中国で刑罰の任に当たった役人のことを「士師」と呼んでいたからです。聖書における”Judges”の苦肉の訳だったと思われます。 デボラ 前置きが長かったですが、イスラエルにおける蜂蜜についてです。「女預言者」にデボラという人物が出てきます。デボラが何をしたかについては省略しますが、その名前「דְּבוֹרָה‎, 」は、「ミツバチ」または「ハナバチ」という意味です。 デボラという名前が、生まれた時に名付けられたものではなく、後から業績に基づいて与えられた贈り名(諡号)だとしても、彼女が蜂蜜好きだったとか、ミツバチを飼っていたとか、そういうことは分かりません。そういうことは聖書のテーマには重要ではないのです。 このブログで注目するのは、当時のイスラエルに「ミツバチ」という語が存在し、それが人の名に用いられたことです。イスラエルにもミツバチがいて、それが認識されていたということです。ミツバチが認識されていたということは、その生産物であるハチミツも認識されていたはずです。つまり、甘い食品としてハチミツは当時の人々に認識されていたということです。 この「デボラ」という、エピソードとは無関係な名前が保存されたおかげで、士師編纂時(バビロン捕囚後)、場合によってはソロモンよりも前の古代のイスラ