投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

越冬準備

イメージ
ミツバチは冬眠することなく冬を越す

秋が深まり皇帝ダリアが霜で枯れる頃、いよいよミツバチは巣の中で引きこもるようになります。

冬の間引きこもっているミツバチも、風のない晴れた日には、ビワや茶、ローズマリーの花に飛ぶことがあります。それらの蜜や花粉は少しは足しにはなりますが、群れを養えるほどのものではありません。冬のミツバチは、秋までに貯めた蜂蜜に頼り、イソップの『アリとキリギリス』のアリのようにして暮らしています。

巣箱内部の保温

ミツバチは巣の中では一箇所に集まって球状になっています。幼虫や蛹がいる中心部は34、35℃、それ以外の周辺部においても15℃程度の温度が保たれています。エアコンやストーブはありませんから、巣内の熱源はミツバチの筋肉です。ミツバチは蜂蜜を燃料にして筋肉を動かし発熱し、巣内の温度を維持しています。

もし蜂の量と比べて巣箱が大きすぎるなら、いくら発熱しても巣内の温度を保つことはできません。また、保温のために多くの蜂蜜が消費されてしまうことになります。そのようなわけで、巣箱の空間の広さに対し一定量以上の蜂がいなければならず、できれば巣箱一杯に蜂がいるのが望ましいということになります。さらに、それらの蜂を養うことができるほど多くの蜂蜜が必要ということにもなります。

養蜂書やネットの投稿を読むとしばしば上のような説明を見かけますが、実際はそうではありません。広い空間の中で小ぢんまりとして越冬する群れもいます。蜂は蜂なりに工夫しており、空間をすべて温めるといった無謀なことはせずに、球状になりながら生存に必要な温度を保っています。

別の生き物を例にして考えてみましょう。コウモリは洞窟の天井の片隅で塊になっています。人間で言えば、体育館でおしくらまんじゅうをしているようなものです。広い空間全体を温められなくても自分たちが生きられるほどに温まることは可能なのです。

そもそも養蜂箱は造りが雑で隙間だらけです。「ミツバチはプロポリスと呼ばれる樹液や蜜蝋で隙間を詰めて巣箱をリフォームし気密性を高めているのだ」と説明されることがありますが、巣門にドアはなく、開けっ放しの状態です。どうしたところで巣箱が温室になるということはないのです。結局のところ、ミツバチはどのようなところであっても十分な蜂蜜があれば越冬しうるものなのです。

少しでも保温効率を上げるために

それで…

ハチはなぜ大量死したのか--オオスズメバチ被害

イメージ
10月29日に雨が降り気温ぐっとが下がりましたが、その日を境にオオスズメバチはほとんど来なくなりました。

雨で気温が下がったその日は一匹も来ず、その翌日からは一、二匹程度になり、その傾向は続いています。このように襲撃行動に変化があったのはオオスズメバチだけではありません。キイロスズメバチやコガタスズメバチもほとんど来なくなりました。

スズメバチがミツバチの巣を襲うのは、幼虫の餌を効率良く集めるためです。今の時期のコガタスズメバチやキイロスズメバチは、新女王蜂の育成は終わっており、群れは解散状態になっているため、特にミツバチを積極的に襲う必要はなくなっています。今来ている一部のキイロスズメバチは惰性で来ているのではないかと思われます。

また、オオスズメバチはまだ群れを解散させてはいないはずですが、幼虫や蛹の数は減っているものと思われます。先日の低温は産卵停止の切っ掛けになっているのかもしれません。

幼虫の餌の必要が少なくなると、オオスズメバチはミツバチを無理して襲わなくなります。そのようなわけで、もう必要ないと思いスズメバチガードを外したのですが、早速オオスズメバチの襲撃に遭ってしまいました。

全滅はしていませんが、戻ってきた外勤蜂が殺られてしまいました。結果論で言うと、外すのが少し早過ぎたということになります。12月になるまでつけているのが最も安全ですが、蜂の出入りを妨げる原因にもなっているので早く外したかったのです。
幸い、被害はそれほどではなく、群れは現状維持といったところでした。

襲撃現場に居合わせたわけではありませんが、ミツバチを襲ったのはオオスズメバチの新女王蜂だったのかもしれません。というのも、仲間を呼んだ形跡はなかったからです。働き蜂なら、巣を発見後仲間を連れて集団で襲っていたはずです。
これは昨日捕まえたオオスズメバチです。おそらく新女王蜂です。文庫本の長さは約15cmなので、このオオスズメバチは4cmほどありそうです。普段見かけるオオスズメバチよりも一回り大きく、見かけるとあまりの大きさにギョッとします。

新女王は来年活躍します。今は冬眠の準備を行っており、その一環としてミツバチを襲ったのかもしれません。

井ノ口の清水

イメージ
現在、加古川市北部の加古川右岸周辺は「上荘」と呼ばれていますが、かつては「都染荘」と呼ばれていました。

この「荘」は、中世の「荘園制度」に由来すると書いたことがありますがそうではなく、単に「田舎」という意味のようです。「都染荘」は誰かの所領だというわけではなく、「都染村」というニュアンスです。

しかし、上荘は初めから「都染荘」だったわけではありません。

都染の由来

『印南郡誌』によると、都染は元々「堤」という名前の集落でした。一般的に地名はその土地に関わる名前がつけられるものですから、加古川沿いの村を「堤」と呼ぶのは自然なことです。それがある時、「都染」に改名されました。元明天皇の頃です。

「元明天皇」と言ってもそれが一体誰なのかご存知の方はほとんどいないことでしょう。わたしも知りません。調べたところ、8世紀始め(707年から715年)の天皇のようです。1300年もの昔に「堤」が「都染」になったのです。

さて、加古川沿いのこの一集落が、「堤」というそのものズバリの地名から「都染」という雅な地名に変えられたのは、あるエピソードに由来しています。元明天皇の頃に「都の水では絹の衣を藍色にきれいに染めることができなかったため占いが行われ、その結果井ノ口の清水が藍色に染めるのに用いられるようになった」のです。

その出来事は、
あひにあふ 井の口の清水 なかりせば 都の衣 いかで染めなん と、歌われました。

井ノ口の清水

都の衣を染めたので「都染」とは、なかなか洒落ています。歌によれば「井の口の清水がなければ、都(で着る上質)の衣を染めることはできない」とのことですので、上荘には、染め物に適した水が湧いていたということなのでしょう。

この清水は、深さ約60cm、1ないし2m四方ほどの自然の水溜りで、「井ノ口村の西7、800mのところにある井坂池の下の蓮池のそばにあった」と伝承されています。しかし、現在それがどれなのか、そもそも存在しているのかどうかも分かりません。「井坂池」もその下の「蓮池」も、どの池のことなのか見当がつきませんから、清水がどこにあったのか分かりません。

この伝承も、後からそれらしい湧き水を見つけて適当に比定しただけなのかも知れません。 1300年も昔の話ですから、それが現代まで正確に伝えられていると期待すべきではありません。
この写真のどこかに井ノ口の清水があっ…