投稿

12月, 2020の投稿を表示しています

聖書とハチミツ5--穢れたミツバチの蜂蜜を食する

イメージ
コシェル 「 聖書とハチミツ4--士師/裁き司 」の続きです。 ユダヤ教には一定の食餌制限があり、宗教的に穢れた動物を食べることはできません。 たとえば、ブタやラクダを食べることはできません。ラクダは反芻しますがひずめが分かれていないからです。一方ブタはひずめは分かれていますが反芻しないからです。 このような現代の日本文化に生きる人々には奇妙に思えるルールは、レビ記の11章に書かれており、「コシェル/カシュルート」と呼ばれています。 昆虫食 このコシェル(食べてもよいもの)と呼ばれる食餌規定の中には、昆虫についても定められています。次のとおりです。 すなわち、そのうち次のものは食べることができる。移住いなごの類、遍歴いなごの類、大いなごの類、小いなごの類である。 しかし、羽があって四つの足で歩く、そのほかのすべての這うものは、あなたがたに忌むべきものである。 レビ記11:22,23(口語訳) いなごは食べて良いようです。バプテスト・ヨハネもいなごを食べていました。しかしそれ以外の昆虫は食べてはならないようです。「羽があって四つの足で歩く、そのほかのすべての這うもの」だからです。 昆虫を「四つの足」とするのはやや気になりますが、細かいことは気にせずに話を進めると、ミツバチは食べてはいけない動物ということになります。 ラビたちの解釈 ハチノコは別として成虫のミツバチを食べることはないので、それほど困ることはないように思われますが、ユダヤ教のラビたちには考えるべきところがあったようです。 次のとおりです。 バーライターbaraita(訳注:ミシュナに収録されなかったラビの言説)からのゲマラGemaraの反論。どのような理由から賢人たちは、ミツバチの蜜は許されていると言っているのか?それは、ミツバチは花の蜜を体に入れて運んでいるが、体のエキスとして蜂蜜を抽出しているわけではないという理由からである。ロバの尿はその体そのものから作られたエキスではないのと同じである。むしろそれは、体に入ったのと同じ形で排出されたに過ぎない。ではなぜそれは禁じられるべきだというのか?[禁じられるべきではない]  ゲマラGemaraの答え。ラブ・シシェトRav Sheshetは、非コシェルの動物から出る物質は非コシェルだという原則の例外として慈悲深いお方は蜂蜜を許しておられる、と蜂蜜に関して述べて

ビニール袋は保温に役立つか

イメージ
「収納用の大きな、かつ厚くて破れにくい透明なビニール袋で養蜂箱を包むなら、ビニールハウスのように暖かくなり楽々越冬できるのではないか」という誰もが思いつきそうな、しかし誰もやらない、それにはきっとやらない理由があると思われる「迷案」を試してみました。 ビニール袋は意外と大きく、養蜂箱(7枚)が都合よく収まりました。 デジタル温湿度計は巣枠の上に置きました。 Switchbotと言う商品 で、Bluetooth通信でスマホからログを取り出すことができます。温度を知るためにわざわざ蓋を開ける必要はありません。 その結果がこれです。 前面以外は底面も含めてビニール袋で覆ったというのに、「夜から早朝、そして日があたるまでの間は、巣箱内温度の方が外気温よりも低い」という驚愕の結果が出ました。ビニール袋は越冬目的の保温には逆効果ということです。 もっともこの結果は、実験を始める前から予想されていました。 どのような物体も常に熱を放射し、温度は下がっています。これを放射冷却といいます。熱という電磁波は宇宙の果てまで飛んでいっているのです。夏であろうと冬であろうと、昼であっても熱を放射し続けています。 物体に熱を与えるものに、太陽光や地熱、媒体としての空気があります。特に養蜂箱の場合はミツバチ自体も発熱し熱源のひとつになっています。 夜は太陽からの熱が得られないので熱は放射していくばかりです。結局どのような物体の温度も、地熱で加温される場合を除いて外気温と同じになります。 しかし、ビニール袋をかぶせると空気の層ができてしまい、そこで良くも悪くも外の空気から遮断され、しかし同時に熱の放射は続くため、ビニール袋の中の物体の温度は外気温よりも下がることになります。もしビニール袋をかぶせていなければ外の空気と直に触れ同じ温度になっていたのですが、余計なことをしたせいで巣箱の温度は下がるという期待とは逆の結果になってしまいました。 こうした現象は養蜂箱に限らず全宇宙のビニールハウスにおいても同じことが起きています。また、ビニール袋を使わなくても、養蜂箱を厳重に密閉し空気の循環を妨げるなら、(蜂の発熱を度外視しますが)巣箱の温度は外気温よりも下がることになります。 もちろん一般的には蜂が発熱するため、養蜂箱の温度が外気温よりも下がることはないでしょうが、弱群ならそうしたことは十分起こりえます。