投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

暖冬と梅の花

イメージ
今年の梅の花の開花

今冬は異例の暖かさで1月になっても春のように暖かい日があるくらいです。みとろフルーツパークでは13日に梅の花の開花が始まりました。


蜂たちも晴れていれば概ね外勤に出かけています。まるで越冬などしないかのようです。

暖冬は越冬に有利か?

暖冬がミツバチの越冬に有利かと言うと、一般論としては「そのとおりだ」と言えます。温暖地の方が越冬確率が高いわけですが、暖かければ消費する蜜も少なくて済み、貯蜜切れを起こすこともありません。それと同じ理屈が成り立つわけです。

しかし、ことはそう単純ではありません。蜂は蜜を吸ってから外勤に出ますが、その蜜の消費を上回る蜜を持って帰らなければ無駄に蜜を消費することとなります。冬は暖かくとも花の数は限られているため、外勤に出たとしても十分な収穫を得られず収支としてはマイナスになる、という理屈です。

養蜂を始めた当初に上のような説明をどこかで読んだ覚えがあるのですが、今のわたしはそれに懐疑的です。

意外に多い冬の蜜源植物

まず、ミツバチは蜜を無駄に探し回ることはしません。まずは斥候隊/先発隊を派遣し、それの報告を受けて初めて本隊を出動させます。

次に冬でも意外と蜜源はあるものです。主に、ビワ、ローズマリー、ヤツデ、チャなどがあります。最も寒い頃には梅が咲き始めます。

このようなわけで、空振りの外勤蜂が蜜を無駄に消費するという事実はないわけです。

寒の戻り

それでも、蜂が春が到来したと勘違いし蜂児の育成を加速させ、蜜を急速に消費させてしまうことがあります。その蜜が切れたタイミングに寒の戻りがあると、春を目前にして凍死で全滅ということが起こりえます。

これは防ぎようがありません。春が到来したとの蜂の判断を覆すことはできませんし、地球的気象の変化を変えることもできません。寒の戻りに対しては十分な蜂蜜でしか対応できませんが、半年後の蜜の残量を秋の段階に予想することはできません。半年間の花の量と蜜の出ぐあい、蜂の増加量、活動量、天候等々を計算するのは無理というものです。

これについては自然に任すしかなく、できることといえば、なるべく多く蜂蜜を残しておき、また一定の確率で蜂群は失われることを弁えて蜂群を多く残しておくことくらいです。

と、悲観的なことを書きましたが、一般的には蜂の好きに任せて春を待っていれば良いだけです。梅の花が咲いてもまだ…

養蜂場ができてから-雑草対策

イメージ
原野化した農地を開墾するのは大変なことでした。

養蜂場ができるまで--開墾
養蜂場ができるまで--残置物
養蜂場ができるまで--大木の伐採

当時は無我夢中で草刈機を振り回していましたが、今から同じことをやれと言われても、とてもできそうにありません。

これらは破損していったチップソー(草刈り機の刃)です。


かなり危険な刃のこぼれ方をしていますが、幸い自分に飛んできたことはありません。破片は探しましたが、見つけ出すことはできませんでした。今もまだ見つかっていません。

効果的な雑草対策--毎日踏みしめること

一年前に更地にしましたが、元はといえば原野です。草を刈り木を倒したことで、却って日当たりがよくなり、代わる代わる草が生えてきます。月に1度のペースで草刈りを行ってきましたが、雑草の勢いを止めることは困難です。

結局のところ、定期的な草刈りよりも効果的なのは、普段から草を踏みしめておくことでした。通り道に草が伸びることはありません。

今は養蜂場をなるべく隅々まで歩き回って「雑草対策」を行っています。

上荘を分断した加古川の洪水

イメージ
上荘町は、印南郡の加古川右岸の町と思われがちですが、加古川左岸にも上荘町はあります。たとえば、JR厄神駅や国包郵便局は上荘町の一部です。上荘町は、加古川をまたいで存在しているのです。

1225年の洪水

なぜそのようになったかというと、今から800年ほど前の1225年(鎌倉時代)に洪水が起きて堤防が決壊し、加古川の流れが変わってしまったからです。

まずは、昔の加古川の流れを調べてみましょう。

この地図は、国土地理院の治水地形分類地図です。
青色の横縞が旧河道です。これをたどると、加古川が、宗佐土山線の西側を南下し、現在の八幡小学校の付近を通り、草谷川(八幡川)より北側を流れ、西条の城山北側ないし五ヶ井用水の取水口辺りを流れていたことが分かります。

現在の加古川の河道と比べるとずいぶん蛇行しています。これが1225年の洪水で真っ直ぐ流れるようになりました。

その結果がこれです。左側の赤線で囲まれたところが都染、右側が国包です。
ちなみに、1225年の洪水では加古川の南を流れていた草谷川(八幡川)も氾濫しました。

左岸の国包

国包は洪水により分断され、村の中心部が川床に沈んでしまいました。村民は、村の東側の出屋敷というところ(加古川左岸)と、西側の井ノ尻(井ノ口の東、現在の日光口)に住むようになりました。

しかしそのことが却って国包を繁栄させることになりました。左岸の国包は、有馬街道上の川渡しや、さらには加古川舟運の船着き場となり、宿や木材加工で栄えることになったのです。

現代では、左岸の国包の生活は八幡町と一体となっています。たとえば、JR厄神駅の名称は、八幡町の「宗佐厄神八幡神社」に由来していますし、また、左岸の子どもたちは、上荘小学校や両荘中学校ではなく、八幡小学校や山手中学校に通っています。

都染

加古川をまたいで存在しているのは国包だけではありません。都染もそうで、左岸にも存在します。もっとも、今は集落はないことから、都染といえば右岸の都染を指すのが一般的です。