ソメイヨシノで花聞

4月の初頭には寒の戻りがありましたが、4日ないし5日から本格的に春めいてきました。この時期は非常に多くの種類の草木が花を咲かせますが、その中でも一際目立っているのがソメイヨシノです。
上荘町では、 下池(都台の西側にある池)から流れる小川の土手や、各公園、学校や墓地、民家の庭などいたるところにソメイヨシノを見つけることができます。この時期なら、ぐるっと見渡せば、視界のどこかにソメイヨシノが入っているものです。

休日には家族で花見に来ている人々を見かけました。しかし、ソメイヨシノに惹かれているのは人間だけではありません。ミツバチもまたソメイヨシノに夢中です。蜜集めに大忙しなのです。

今の時期、ソメイヨシノのそばで耳をすませば、必ずミツバチの羽音が聞こえてくるものです。わたしはその羽の音色を聞くためにソメイヨシノに近づいて、花見ならぬ「花聞」を楽しんでいます。

このブログの人気の投稿

養蜂場ができるまで--残置物

上荘養蜂場のショッピングサイト

養蜂場ができるまで--開墾