翻訳『野生ミツバチの知られざる生活』のレビュー

アメリカ合衆国のミツバチ研究者トーマス・シーリーの近著"The Lives of Bees"の翻訳が今年の2月に刊行されました。原書は良いのですが、青土社から出た翻訳は、残念ながら非常に大きな問題を抱えています。


このブログの読者なら既にお気づきでしょうが、この訳書の表紙の蜂はミツバチではありません。

ミツバチの特徴は腰がくびれているところです。訳書の表紙の昆虫はどこをどう見ても腰はくびれていません。背中の盾板もミツバチのものではありません。翅脈もめちゃくちゃです。種類はよく分かりませんが、何らかのマルハナバチを描いているように見えます。ハナバチも蜜を集めるので広い意味ではミツバチですが、訳書の主役であるApis melliferaではありません。

翻訳者や編集者、装丁デザイナーらは誰も気づかなかったのでしょうか。

こんな表紙では養蜂家が手にしないとしても仕方ありません。わたしが著者なら目眩がして寝込んでしまうでしょう。

このブログの人気の投稿

聖書とハチミツ2--古代イスラエルにおける養蜂

上荘養蜂場のショッピングサイト

“Raspberry pi”を使った温熱治療の冷却システムの構築について