ハチはなぜ大量死したのか--夏の貯蜜切れ

ハチはなぜ大量死したのか--越冬失敗」の続きです。

夏は蜜源が乏しく貯蜜切れで餓死する群れが出ることもあります。これがそれです。

今年の夏は、強風を招いた台風9号の影響でオホーツク海気団が南に引っ張られ、涼しい夏/早い秋となりましたが、実質的な秋雨前線が停滞し、異例の長雨が続きました。

その結果、採餌行動は抑制され、蜂にとっても予定外の貯蜜切れとなってしまったのです。

このブログの人気の投稿

聖書とハチミツ2--古代イスラエルにおける養蜂

上荘養蜂場のショッピングサイト

“Raspberry pi”を使った温熱治療の冷却システムの構築について