養蜂場ができてから--センダンの切り株


当養蜂場は元々は荒廃農地でした。切り倒した木の本数は数え切れません。そんな木も今ではほとんどが薪に姿を変え、資源は有効活用されています。

一本だけ養蜂場に残り続けているものがあります。解体するには大きすぎる木です。動かすこともできず、有効活用されることもなく横たわっています。切り株も残ったままです。掘り起こすことは無意味ですし、そもそもそんなことはできません。

この切り株は、昨年までは小枝が生え再生を目論んでいましたが、今年ついに沈黙しました。


今後は徐々に朽ちて行くだろうと思いますが、それは今年や来年の話ではありません。わたしが生きているうちに片付いたら良いのですけどね。



このブログの人気の投稿

聖書とハチミツ2--古代イスラエルにおける養蜂

上荘養蜂場のショッピングサイト

“Raspberry pi”を使った温熱治療の冷却システムの構築について