オオスズメバチに刺されました

ミツバチの飼育を始めてから十年以上、これまでオオスズメバチに刺されたことはなかったのですが、遂に刺されてしまいました。

よりによって頭をやられました。面布を被っていなかったので急所だとバレたようです。

時間は戻せないので刺されてしまったことはどうしようもありません。元々ポイズンリムーバーもアピテンも持っていませんので、何もできることはありませんでした。仮にポイズンリムーバーがあったとしても、頭髪が邪魔で使えません。

そんなことよりも、襲われているミツバチを救うために虫取り網を振り回しながら走り回っていました。もっとも、特に血圧が下がって視界が暗くなるとか吐き気がするとかといったショック症状は表れなかったので、しばらく番をしてから帰りました。

痛みについては、まあまあ痛いですが、「この程度か」という程度で、耐えられないほどではありません。90分くらいで毒の痛みは引き、その後は刺し傷の痛みに変わりました。大事に至らず幸いでした。

このブログの人気の投稿

聖書とハチミツ2--古代イスラエルにおける養蜂

“Raspberry pi”を使った温熱治療の冷却システムの構築について

見土呂の大西甚一平