心中池の謎


みとろフルーツパークの南側には溜池があります。
ギャラリーに展示されている八ツ塚古墳の解説地図をよく見ると、この溜池の名は「心中池」だということが分かります。


推理


「心中池」。なんという名前でしょう。もっとマシな名前はなかったのでしょうか。いつの時代か、男女、あるいは家族が将来を悲観してこの池で身を投げたのでしょうか。

心中はドラマにはありがちなテーマですが、現実にそう滅多にあるものではありません。そのため、心中事件が起きてからというもの、誰ともなしにこの池のことを「心中池」と呼ぶようになり、それが定着したのかも知れません。

「心中池」なぞ縁起でもないですから、別の名前を付け直す動きがあったのかも知れませんが、それでも、心中のような痛ましくショッキングな事件を人々の記憶から拭うことは難しく、名前を付け直してもその名で呼ばれることはなく、今に至るまで「心中池」と呼ばれ続けたのかも知れません。


真相


などと、「心中池」の由来についてあれやこれやと考えていたところ、加古川市の地図を見る機会がありました。ふと「心中池」に目をやると、この謎は一瞬にして解けました。
「心中池」は「心中池」ではなく、「真珠池」だったのです。

教育委員会が八ツ塚古墳の解説資料を作成する際に「真珠池」を「心中池」と誤植してしまい、あるいは誤植された地図に従い、その後訂正する機会のないまま今に至るのでしょう。

長慶寺山古墳群」に続きます。

このブログの人気の投稿

聖書とハチミツ2--古代イスラエルにおける養蜂

上荘養蜂場のショッピングサイト

“Raspberry pi”を使った温熱治療の冷却システムの構築について