養蜂場ができてから--訪問者

養蜂場は、人がめったに寄り付かない上荘の片隅にあります。ほとんど誰もやって来ませんが、稀に散歩や見回り、探検、間違い等で訪れる方もいらっしゃいます。

夜な夜なやって来る訪問者もいます。動物たちです。

最もよく来るのがアライグマです。餌を探しに来ているようです。
昨年は一匹で来ていたのですが、今年からは数が増えました。
アライグマがやって来る時は物音がするので直ぐに分かります。まるで人が近づいてくるような音を立ててやって来ます。
ウサギもやってきます。養蜂場の雑草を食べてくれたら助かるのですが、雑草は伸びる一方です。
これはアナグマです。タヌキかと思いましたが、アナグマです。なお、上荘にはタヌキもアナグマも生息しています。
キジです。春はずっとけたたましい声を上げていました。近くに巣を造っていたのだと思います。
これはメジロでしょうか。スズメ科の鳥だと思われます。
典型的なキジバトです。蕎麦の種をついばみに来たのかもしれません。
猫です。どなたかにかわれているのでしょう。写真が全般的に荒いのは、遠くから写しているからです。近づいて撮ろうとすると逃げられてしまいますから。

この他にイノシシもやって来ます。見境なく掘り返すので通路には穴ができでこぼこになっています。

上荘には野生の動物がたくさんいますが、そのことが直ちに自然の豊かさを示すわけではありません。イノシシの荒ぶり方を見ると、食料は不十分で住みにくいところなのかもしれません。

このブログの人気の投稿

上荘養蜂場ブログ始めます

養蜂場ができるまで--残置物

加古川市における上荘町